2016-12-19

法人カードでプラチナカード!セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードについて

[最終更新日]2017/05/08

01


憧れのプラチナカードを持ちたいけれど、実績を積んでインビテーションを待つのはなかなか大変ですよね。ところがインビテーション不要、しかも世界中に通用するステータスのプラチナカードが手に入れられるがあるとしたらどうでしょうか?それが「セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード」です。

ビジネスカードとされていますが、個人での申込もOK。使い勝手は「セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード」と変わりありません。さらにお得な情報もあります。早速チェックしていきましょう。

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードとは?

世界的ステータスカードアメックス提携

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードは、世界トップクラスカードのAmerican Expressと、セゾンカードが提携したビジネスカードです。法人利用を前提としたプラチナカードですが、個人事業主、普通のサラリーマンでも申込は可能となっています。クレディ・セゾンの特典と、アメックスの特典両方が付加されたお得なカードです。

プロパーカードであるアメリカンエキスプレス・プラチナカードの年会費は税別13万円。それに対して、セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードの年会費は、税別2万円です。もちろんサービス内容に差異はありますが、年会費からは想像できないほどのプラチナカード特典が付帯しています。

ビジネスもプライベートもお役立ち

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードがビジネス仕様のカードとしてその機能が充実していることは当然のことながら、引き落とし口座も個人名義・法人名義いずれでも設定できます。仕入れなど業務上発生する支払いに利用できるのはもちろん、ビジネスをしっかりとサポートしてくれるサービスの充実ぶりが目を引きます。セゾンの永久不滅ポイントも貯められて、ビジネスカードとして他社と見劣りするところはありません。

事務用品、レンタカー、宅配サービスなど、あらゆるシーンで優待されるビジネス・アドバンテージ、セゾン弁護士紹介サービスや、ビジネス書要約サイトの利用優待など、さすがセゾン・アメックス提携だけあると納得してしまいます。その一方で、フリーランス、個人事業主など肩書にとらわれることなく申込ができる、フレンドリーさも魅力的です。

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードのメリット

02

海外出張組に嬉しい特典が満載

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードのサービスの中でも特に注目したいのが、プライオリティパスの利用です。プライオリティパスは全世界400以上の都市、700か所以上の空港ラウンジを利用できる制度です。制限なしで無料利用可能なプレステージ会員は通常の年会費が399$ですが、セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード所有者は、約半額でこの権利が手に入ることになります。

海外の空港ラウンジは質の高いサービスを提供しているところが多く、無料のマガジン、ドリンク、フードの提供や、中にはシャワールームを併設しているところまであります。ゆったりと待ち時間を過ごせれば、海外出張の疲労感も和らぐことでしょう。

都度付帯する最高1億円の旅行保険、盗難保険も充実しており安心感があります。また空港送迎サービス、手荷物宅配サービス、海外アシスタントなど、プラチナカードならではの手厚いサポートで旅行中の負担を軽減してくれます。

JALマイルがざくざく貯まる

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードの永久不滅ポイントは、他のセゾンカードと同様0.5%の還元率ですが、海外利用では2倍の1.0%。さらに、SAISON MILE CLUBへの登録で、JALマイルが1000円毎に10マイル付与され、永久不滅ポイントは2000円毎に1ポイント付与されます。JALマイルの積算率は、業界一と言われているので、JALマイラーには見逃せません。ちなみにSASON MILE CLUB登録は、セゾンゴールドアメックス会員では年会費4000円かかりますが、セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードは無料となっています。知らないでいると、とんでもなく損した気分になりそうです。

セレブ気分になれるコンシェルジュサービス

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードには、専用のカードデスクサービスが置かれています。24時間体制で、さまざまなリクエストにしっかりと対応してくれるため安心です。カード関連のトラブル相談はもちろん、国内外のホテル予約、各種手配、旅行プランの提案もしてくれます。レストランやテーマパークチケットの予約、ギフトの手配まで至れり尽くせりで、まさに秘書感覚で利用できます。

これだけ充実していると年会費もさほどの負担に思えなくなりますが、年間200万円以上の利用で、年会費が半額の1万円(税別)となります。どうせならば、カード利用を集中させてさらにお得に使いたいところです。

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードの審査基準

憧れの初プラチナカードに最適

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードは、インビテーションなしで申込可能なプラチナカードです。その基本的な申込条件は、「学生・未成年を除く電話連絡が可能な方で、 セゾングループが提携する金融機関に決済口座をお持ちの方」となっています。個人事業主、経営者以外でも、ビジネスパーソンであれば申込可能です。法人書類の提出もなく、企業間もない場合でも通過する率が高いところから、個人信用情報を対象として審査が行われていると考えられます。良く比較されるアメックスゴールドカードでは、定職・定収入が最低条件なので、そちらよりも難易度は低いものとなっているでしょう。

セゾンカードからの引き継ぎも?

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードの合否率は、約8割と高率です。他社のプラチナカードで否決した方でも、初回で通ったというケースもあります。気をつけたいのは、多重申込です。過去に遅延がなくても、審査が通らなくなる可能性があります。また、年収面で多少不安があっても、セゾン系カードを長く利用している場合には比較的通過する率が高くなるようです。基本的には、一般的なクレジットカード申込の際に問われるクレジットヒストリーの状況によって判断されます。プラチナカードの取得とすれば、かなりハードルは低めと見て良いでしょう。

おわりに

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードは、海外出張が多い、あるいはJALマイルを積極的に貯めたいなどのビジネスパーソンにはぴったりのプラチナカードです。多彩な特典から見れば、年会費も格安に感じられます。気軽に取得できる初めてのプラチナカードとして、最適な1枚です。


[最終更新日]2017/05/08

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事