関連ページ:人気のクレジットカードランキングゴールドカード
人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > ゴールドカード > 少しでもお得に買い物したいなら!ポイント還元率の高いゴールドカード

2017-05-31

少しでもお得に買い物したいなら!ポイント還元率の高いゴールドカード

[最終更新日]2017/05/31


ゴールドカードといえばひと昔前までは、富裕層が持つカードのイメージがありました。プラチナカードやブラックカードといった上級カードの出現で、今では庶民でも気軽に手にできる“ちょっと良いカード”といった位置づけになっています。

ゴールドカードを選ぶ際の決め手となるのは、年会費、ステータス感、付帯特典などが挙げられますが、中でもお得なポイント還元率は見逃せません。ここでは高いポイント還元率のゴールドカードに、焦点を当ててみていきましょう。

お得に買い物したいなら、ポイント還元率が鍵

賢いユーザーはポイントの有効性を知っている

クレジットカードの特徴は、現金を持たなくても買い物ができる後払いシステムにあります。カード使いが浸透してきた初期の頃には、「欲しいものを我慢せずに今すぐ手に入れられる」ということだけがクレジットカードの利点でした。

その後クレジットカードは大きく進化を遂げ、現金では得られないポイントによる還元が大きな魅力となっています。

毎月必ず請求が来る光熱費や家賃といった固定費用や、交通機関の利用料、日用品、食料品、果ては税金までもがクレジットカード支払いの対象です。現金や口座引き落としでは1円も戻ってこないのに比べて、クレジットカード払いはポイントで還元されます。

何年間も現金で支払ってきていた各種料金を、クレジットカード払いしたときのポイント換算してみると、過去に戻りたくなるほどの違いとなるでしょう。同じ買い物をするのならば、「戻り」がある方を選ぶのが得策です。

生活のすべてをクレジットカード利用にしている人がいても、不思議はありません。

電子マネーへの交換でお得感倍増

現金と同じく使える電子マネーの出現で、クレジットカードの使い勝手は影響を受け、格段に利用しやすくなりました。電子マネーへのチャージでポイントが付与されたり、クレジットカード利用で貯めたポイントを電子マネーに交換できたりと、利便性の相乗効果でお得感が倍増します。

電子マネーの中でもnanacoは、税金や現金収納しかできない支払いにも利用可能です。クレジットカードのポイントによっては、還元率そのものはあまり高くなくても、電子マネーに関しては非常に交換率の良いものもあります。

クレジットカードで貯まったポイントで、自動車税など高額になる支払いが賄えるとかなり助かりますよね。賢いユーザーは手持ちのクレジットカードの特質を知り、もっとも効果の上がるポイント利用をしています。

ポイント還元率の高いゴールドカード

基本ポイント1.0%のゴールドカード

黒い券面にキラリと「GOLD」の文字が光るOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、基本ポイント還元率が1.0%です。しかも入会半年間はプラス1.0%なので、ポイントが2倍付与されます。

この間に欲しいものをまとめ買いしておけば、あっと言う間にポイントが貯まるでしょう。オリコカードの「オリコモール」は経由するだけで、有名どころのショッピングサイト利用でのポイント還元率が上がることで良く知られています。

オリコカード ザ ワールドでは、最大15%の還元率が期待できます。iD・QUICPayがダブル搭載されており、これら電子マネーの利用時にはなんとポイント還元が1.5%と業界最高クラスです。

使い勝手が丁度良い楽天ゴールドカード

楽天一般カードでも1.0%と高還元率ですが、楽天ユーザーならばさらにお得に使えるのが楽天ゴールドカードです。年会費2,000円とゴールドカードでは最安値にも関わらず、ポイント還元率を一気にアップする実力があります。

楽天市場や楽天ブックスの利用時には、5.0%の超高還元となるため買い物のほとんどは楽天、という人なら年会費が気になりません。ゴールドカード対象のポイントアップキャンペーンも随時開催するので、楽天の画面を開くたびにポイントが貯まっていて嬉しくなります。

もちろん付帯する電子マネーEdyへのチャージでもポイント加算があり、JCBブランドを選べばnanacoへのチャージで1.0%還元があります。毎日の生活に役立てながらたくさんのポイントを貯められる、庶民派のお手頃ゴールドカードです。

ライフスタイルに合わせて、必要なカードを選ぼう

旅行好きなら年会費を払っても手に入れたい

JTB旅カード JCB GOLDは年会費15,000円とやや高めですが、基本還元率も1.5%と業界最高ランクです。JTBグループの販売店利用ではさらに0.5%の上乗せ、トラベルポイント加盟店では1.0~5.0%の上乗せとなります。

トラベルポイント加盟店は、観光地の飲食店や各レジャー施設、土産店などが多く、旅先での時間を楽しむたびにポイントがどんどん貯まります。トラベルポイントはJCBの旅行代金やトラベルグッズの購入に使えるので、旅行好きならムダになることはありません。

隔月発行のゴールド会員誌「Travel Life」には、毎号最大で総額約7,500ポイントの利用ができるトラベルライフクーポンが付いています。年に1回でもJTBで旅をするのならば、取得して損しないゴールドカードです。

docomoユーザーなら迷わずdカード GOLD

ポインコ兄弟でおなじみのdポイントが、1.0%の還元率で貯まるのがdカード GOLDです。

dカード GOLD最大のメリットは、携帯電話・docomo光の利用料金の10%がポイント付与されることでしょう。1,000円の利用金額ごとに100ポイント付くので、月1万円利用していれば年間で12,000円分のポイント還元になります。

普段使いのカードとしても十分な還元率ですが、docomoのヘビーユーザーならば絶対に外せないクレジットカードといえます。

ちなみにケータイ補償も10万円付帯しているおり、こちらも業界トップクラスの安心感です。ローソンやマクドナルドを始めとして、dポイントが貯まる店も拡大中です。docomoの携帯や光回線を利用している人は、他社カードから切り替えても利用する価値があります。

おわりに

ゴールドカードにも年会費が安いものから、それなりの金額までさまざまあります。いくら高還元率でも、年会費と利用状況のバランスが悪ければ元は取れません。

選択の際に重視する点がポイント還元率である場合には、生活圏やライフスタイルに照らし合わせてしっかり貯められるかどうかの確認が重要です。


[最終更新日]2017/05/31

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事