関連ページ:人気のクレジットカードランキングゴールドカード
人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > ゴールドカード > ステイタスが高いから年会費も高い?年会費1万円以内のゴールドカード

2017-06-14

ステイタスが高いから年会費も高い?年会費1万円以内のゴールドカード

[最終更新日]2017/06/14


ゴールドカードといえば、一般カードの上級カードとしてステイタスを感じさせる一方、年会費もそれなりに高額なイメージがあります。ゴールドカードを持ってみたいと思っていても、年会費負担が気になってなかなか手が出ないという人もいるでしょう。

一方、ゴールドカードでも年会費がお手頃なものもありますが、でははたしてゴールドカードとしての機能はどうなのでしょうか。ここでは年会費1万円以下で十分満足できる、ゴールドカードについて調べていきます。

ゴールドカードの年会費は高い?

ゴールドカードの王道?高額年会費

ステイタス重視でゴールドカードを見ていけば、いかにも王道というカードはやはり年会費もそれなりです。例えば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは初年度こそ年会費が無料ですが、翌年度からは29,000円プラス消費税の負担が発生します。

もちろんゴールドカード特典の充実ぶりは、まさにVIP待遇ともいえるものです。空港ラウンジの利用や有名レストランへの無料招待、高額の旅行保険付帯など、さすがというしかありません。

アメックスほどではありませんが、国内の有名ブランドのゴールドカードは年会費1万円クラスが多く、消費税を合わせるとどれも1万円を超えます。それを考えるとゴールドカードは一部の余裕ある人が持つべきもの、というイメージが強いのは当然といえるでしょう。

しかし、年会費が安いのゴールドカードでも、優秀な機能を備えたカードはたくさんあります。

流通系カードのゴールドはお手頃

かつてはゴールドカードがクレジットカードの最上位とされた時代もありました。しかし、現在ではプラチナ、ブラックなどさらに上に位置するカードがあります。

注目したいのは流通系と呼ばれるクレジットカードです。ショップ、スーパー、百貨店などが提供するクレジットカードは、審査基準も比較的ゆるく手に入れやすい庶民派カードといえます。

つまり、一般カードよりもワンランクアップした使い心地を叶える、お手頃なゴールドカードも増えてきているのです。

日常的に使うには、年会費永年無料の一般カードで不自由はありません。あえてゴールドカードを持つメリットとしては、ポイントが上乗せで付与されたり、利用時の割引率が高かったりと実質的な優遇が挙げられます。

年会費も2,000円から5,000円までが主流となっているので、ゴールドカードを持つとういほどの負担も気負いもなく、所有できるのが魅力的です。

年会費1万円以内のゴールドカード

余分な特典を省いて低年会費を実現MUFGカードゴールド

日本屈指の信頼性を誇る、三菱UFJファイナンシャルグループが提供するMUFGカードゴールドは、業界内でも破格の年会費1905円(税抜)というゴールドカードです。年会費が抑えられている理由には、空港ラウンジの無料利用特典や高額な旅行保険が付帯していないなどが考えられます。

それでもゴールドカードに対して求められる特典は、しっかりと完備しているので安心してください。

例えば、MUFGカードゴールド専用のモールを経由すれば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングネットショッピングの利用でポイントが2倍です。また、ホテルやレジャー施設での優待割引特典が充実しており、ゴールドカードを保有する満足度を味わうことができます。

MUFGカードゴールドは高いブランド価値と、最強コスパが魅力のゴールドカードといえるでしょう。

毎日の生活に嬉しいセディナゴールドカード

流通系代表としては、年会費税抜6,000円のセディナゴールドカードがいちおしです。年間利用金額が100万円以上ならば、最大6,000ポイントのボーナスがもらえます。

毎月の特定日にマルエツ店舗でカード利用すると、ほぼ全品が5%オフ、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは毎日ポイントが3倍です。さらにダイエー、イオンでもわくわくポイントが3倍付与されます。

もちろんネットショッピングでもセディナポイントモール経由のお買い物では、約400店舗でのポイントが3~21倍と跳ね上がり、ゴールドカードの威力がとまりません。

これ1枚持つだけで、お得満載の毎日を過ごすことができます。

ステイタスの高さとお得さを両方兼ね備えたカード

年会費を安くできる秘策あり三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードといえば、世界中どこに出しても高いステイタスを放ちます。しかし、通常年会費は税抜10,000円と、やはりブランドステイタスの高さに見合った金額です。

三井住友VISAゴールドカードには国内28空港ラウンジの無料利用や、最高クラスの旅行保険、ポイントプログラムの加算など、いかにもゴールドカードらしい特典がたっぷりと付帯しています。

これを半額以下で利用できるといったなら、どうでしょうか。

その秘策は2つです。WEB明細サービス利用の登録でマイナス1,000円、さらにマイペイすリボ登録ではなんとマイナス5,000円となり、併用すれば年会費は4,000円(税抜)となります。

ステイタス、カードサービス内容ともにいうことなしのゴールドカードが、5,000円以下で手に入るという何ともお得でゴージャスなサービスです。

ブランドイメージ最高ザ・ゴールド・出光セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスブランドは、世界でもっとも高い信頼性が認められるクレジットカードです。どこのホテルで提示しても、大切な顧客として受け入れられるでしょう。

そんなアメックスのゴールドカードが年会費7,000円(税抜)で保有できます。

国内28か所とハワイ・ホノルル空港ラウンジの利用、世界70以上の国・地域で利用できるトラベル・グルメ・ショッピングの優待特典、世界140ヶ国、2,200ヶ所以上に拠点を持つアメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィスのサポートなど、旅行に強いアメックスカードの特典が目白押しです。

もちろん、出光SSではいつでもガソリンや軽油の値引きサービスがあり、カードの利用額に応じてオイル代が最大6.0%の還元率でキャッシュバックされます。さらに毎月5日と20日には西友・リヴィン・サニーでの買物が5%オフになり、日常生活でもしっかりと役立つでしょう。

ドライブや旅行が趣味ならば、ステイタスとお得を同時に手に入れられるザ・ゴールド・出光セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを絶対に無視できません。

おわりに

差し出されたクレジットカードがゴールドだと、思わず目を引かれます。

プラチナやブラックカードが台頭しても、ゴールドカードの魅力は衰えません。年会費負担がそれほど高くないゴールドカードでも、ステイタス感、お得感は手に入れられます。

ワンランク上のクレジットカードが欲しくなったら、ゴールドカードのラインナップから自分の生活に合いそうなカードをチェックしてみてはいかがでしょうか。


[最終更新日]2017/06/14

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事