2016-08-17

ネットショッピングにおすすめ?Viasoカードを詳しくご紹介!

[最終更新日]2017/05/09


f:id:idea-link:20160816102604j:plain

VIASOカードは2009年から一時的に新規募集を終了し、2013年からリスタートしています。元々、高還元率のクレジットカードとして知られており、リニューアル後はさらにお得なポイント加算が話題。知名度としては今ひとつですが、実はクレジットカード界のダークホース的存在。毎日の生活に密着するカードとなる可能性を秘めています。VIASOカードの何がそんなにスゴイの?早速、見ていきましょう。

Viasoカードは信頼の三菱UFJニコスブランド発

年会費永久無料&取得率も良好

Viasoカードの発行元は、国内最大手のクレジットカード会社「三菱UFJニコス株式会社」。信頼性は抜群です。

Viasoカードの大きな特徴としては、かなり使い手のあるカードにも関わらず、年会費が永年無料ということ。利用条件などもありませんので、取得後放っておいても負担が発生することはありません。

取得時の条件は高校生を除く18歳以上であれば、誰でも申込可能。学生や専業主婦でも、比較的、手に入りやすいクレジットカードです。

Viasoカードの基本情報

Viasoカードは、年会費無料でありながら海外旅行保険やショッピング保険などの特典も充実しています。Viasoカードのもっとも大きなメリットであるポイントプログラムでは、カード利用のごとにそのスゴさが実感するでしょう。

ここではViasoカードの基本的な機能や条件を見ておきましょう。

○Viasoカードの主な情報

国際ブランド

MasterCard

年会費

永年無料

利用可能枠

~100万円

キャッシング

~50万円

ETCカード

年会費無料 ポイント2倍

手数料1000円(条件により無料化が可能)

ポイントプログラム

1ポイント1円

自動キャッシュバック

通常1000円につき5ポイント

還元率

0.5~1.0%

海外旅行傷害保険

最高2,000万円

携帯品損害 年100万円まで

ショッピング保険

年間限度額100万円

知らないうちにどんどん貯まる?Viasoカードポイント

f:id:idea-link:20160816102921j:plain

モバイル・ネット料金で2倍

Viasoカードのポイントが貯まりやすい秘密は、固定料金へのポイント付与が高いこと。携帯、モバイル通信料、プロバイダ料金についてはポイントが2倍。毎月必ずかかる出費だけに、これは嬉しいですよね。

提携している携帯電話の企業は大手を網羅。

  •  NTTドコモ
  •  au
  •  SoftBank
  •  Y! mobile

インターネットプロバイダも同様に、対象が広いので安心です。

  •  @nifty
  •  Yahoo!BB
  •  OCN
  •  BIGLOBE
  •  au one net
  •  ODN

クレジットカードを特に利用していなくても、どんどんポイントが貯まっているのは嬉しい限りです。

VIASO eショップ経由で高還元率に

Viasoカードがネットショッピングに強いといわれるのは、VIASO eショップのシステムによるもの。

オンラインショップでの買い物をVIASO eショップ経由で行なえば、ポイントが通常の2倍、3倍になっちゃいます。VIASO eショップの加盟店は400店以上。大手はほとんど参入済みなので、ネットショップを良く使う人ならば絶対にお得です。

○加盟店舗の例とポイント還元率

店舗名

通常ポイント

VIASOeポイント

ポイント
還元率

Amazon

0.5%

0.5%

1%

楽天市場

0.5%

1%

1.5%

DHC

0.5%

3%

3.5%

ドクターシーラボ

0.5%

10.0%

10.5%

shu uemura

0.5%

10.0%

10.5%

例えば、Yahoo!ショッピングで1,000円のお買い物をすると、通常の獲得ポイント5ポイントに加えて、ボーナスポイントが20ポイント。キャッシュバック金額は25円です。還元率は2.5%。たった1回の買い物で、これほど高還元されるキャッシュカードは他に見当たりませんよね。

いきなり口座にキャッシュバック!

Viasoカードが嬉しいのは、そのキャッシュバック方法。利用金額からキャッシュバック分を差し引いて請求するのが、一般的なクレジットカードのやり方。

でもViasoカードは、1ポイントを1円換算で直接口座に振り込んでくれます。 毎月利用する携帯・プロバイダ料金がポイント2倍、ETC料金もポイント2倍、VIASO eショップ経由での買い物でポイント増額。

1年間では1万円を超えるキャッシュバックとなっても、不思議ではありません。年会費無料でそれが振り込まれるとすると、誰でも嬉しくなってしまいますよね。

creditcard-ninpou.com

Viasoカードポイントのデメリットを知って賢く利用

ポイント有効期限は1年

ポイントがどんどん貯まるViasoカードは、“良いことづくめ”のようにも思えますが、知らないと損をしてしまう落とし穴もあります。年間のポイントをキャッシュバックする方式を取っているため、その有効期限は1年と短期。 貯まっているポイントが1,000ポイント以下の場合は、キャッシュバックの対象とならずにそのまま失効してしまい、繰り越しはありません。1,000ポイントは初期還元率0.5%の場合、年間20万円以上の利用に換算されます。

月割りすると17,000円ほどですが、携帯、プロバイダ料金はポイントが2倍となるため、半額の8,500円でクリアできます。Viasoカードを取得したら、すかさず固定料金の支払い変更を行なうのが最大のコツ、ということですね。

ETC発行手数料を無料にするためには

ETCの年会費も無料ですが、発行には1,000円の手数料がかかります。ETCカードは完全無料のクレジットカードが多いので、1,000円もの負担は抵抗がありますよね。

そこで、「楽Pay」に登録すれば、ETCカード発行手数料を無料にできます。「楽Pay」は定額制の自動リボ払い。でも、そのままでは高額のリボ払い手数料がかかってしまい、いくらポイントが高還元でも意味がありません。

回避方法としては、リボ払いの限度額設定。リボ払いの月額は自分で好きな金額設定ができます。自分の利用枠いっぱいにしておけば、毎回一括払いと同じ扱いになり、手数料がかかることはありません。

ETC利用分もポイントは2倍。自動車専用道路を良く利用する人ならば、やはりここは狙っておきたいですよね。「楽Pay」登録を上手に使えば、一切の負担なく高ポイントをゲットすることができます。

まとめ

業界でもまれに見る高還元率のViasoカード。普通の生活をしていても、貯めるチャンスがたくさんあります。面倒な手続きなしで、自動的に現金でバックしてくれるのも大きな魅力。今持っているカードは年会費無料だけどポイントの貯まりがどうもね…なんて感じている人は、Viasoカードに利用を集約してみてはいかがでしょうか。きっとポイントの高い付与率、高還元率に満足できますよ。


[最終更新日]2017/05/09

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事