人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > リスク・注意事項 > 転職後に在籍確認はある?登録情報変更はすべき?転職後にすべきことをわかりやすく解説!

2016-09-14

転職後に在籍確認はある?登録情報変更はすべき?転職後にすべきことをわかりやすく解説!

[最終更新日]2016/09/14


f:id:idea-link:20160914175843j:plain

クレジットカードを申し込むときには審査などの心配をしていても、使い始めるとその後の変更については、意識しなくなるものですよね。転職をしたときには、名前や住所の届けと同様にクレジットカード会社への申告が必要なのでしょうか?カード会社に転職がわかったら、在籍確認が新しい会社にあるの?無申告の場合のペナルティは?知っておきたいクレジットカードと転職に関する疑問について見ていきましょう。

クレジットカード会社からの連絡はない

在籍確認は申し込み時のみ

転職して会社が変わったら、新しい会社にも再度在籍確認がされるのかといえば、そんなことはありません。在籍確認については、申込審査のときのみ行われるのが一般的です。転職がわかったからといって、都度確認は行われません。

最近では即日最短審査のカードも多く、クレジットヒストリーが良好であれば新規カード申し込みの在籍確認が省略されることすらあるようです。転職のたびに在籍確認をしていたら、カード会社の手間は膨大なものとなります。

すでにカードを利用している場合、特に問題がなければ、利用者からの申告のみで勤務先変更が終了します。

勤務状況は自己申告

先の記述でもわかるように、クレジットカード会社では会員の勤務状況を随時把握しているわけではありません。そのため、転職をしたからといってカード会社からチェックが入ることもなく、あくまで自己申告です。

例えば仕事を辞めて、しばらくは就職しないでいても、無職であることはカード会社にはわかりません。支払いの遅延が無い限り、不審に見られるということはないのです。

やっぱり 転職の申告は必要?

f:id:idea-link:20160914180230j:plain

規約では即時申告の規定アリ

わからないのならばそのままでもいいや、と考えがちですが基本的には、すぐに転職の事実をクレジットカード会社に伝えなければなりません。入会時に示されている規約にも、“勤務先の変更時は速やかに申告すること”の記載があるはず。

カード会社のサポート窓口に電話をすると、変更届の用紙が郵送されてきます。現在では、会員用のWebサイトからでも変更受付をしている企業がほとんどです。面倒にも感じますが、後々のことを考えれば早めに変更を済ませておいた方が良いでしょう。

転職して不利になることは?

例え無職になったとしても、支払いがきちんとされている限り、いきなりカード停止となることはありません。ただし、限度枠拡大の申請が通らなかったり、更新時に再審査されたりする可能性はあります。

同様に会社を辞めて、フリーランスになっても問題はありません。フリーランスでも収入さえあれば、取得できるカードもあります。カードの継続については、何も問題はありません。それまでのカード利用実績と信用度が、もっとも大切ということなのです。 カード会社によって、更新時には一定期間ごとに、現状調査を行なう場合があります。転職から多少遅れても、正直に申告するようにしましょう。

転職中のつなぎのアルバイトの場合、長引く可能性があるならば、やはり連絡しておいた方が良さそうです。無職でいるよりは、支払い能力への信用性が高いので、増額希望も通りやすくなります。あくまで短期と確証があるのならば、正規の転職先に移った後での報告で構いません。

転職を知らせずに放置したらどうなるの?

基本的にペナルティはない

複数のカードを持っていると、勤務先の修正を忘れているということも多々ありますよね。それでも、カード会社から叱責されたり、何らかのペナルティを負わされたりするということはありません。

しかし、放置のデメリットはあります。何らかの必要が生じてクレジットカード会社が調査を行ない、元の勤務先への勤務実態が認められないと、いつの間にか扱いが「無職」となっていることもあります。

自分の信用情報を開示してもらったところ、勤務欄が「×××××」となっていたというケースも。カード会社に勤務先の変更を届ければ、すぐに修正されるようです。あまり多い例ではないようですが、現実に起こり得るので、油断はなりません。

正しい情報がないと不利に

勤務先情報が消され、無職として扱われてしまうと、将来的にローンを組みたい場合や新規カードの取得が必要な場合に審査が通らないといったことが起こります。

現在保有するカードに対して差し当った問題が発生しなくても、個人情報に不足があれば新規の借り入れの際、不利となります。信用情報センターに保管される情報に誤りがあってはなりません。 クレジットカードは、個人の信用こそが重視される世界だということを、常に忘れずにいたいものです。

まとめ

転職は人生の大きなイベントです。身辺の整理にバタバタして、クレジットカードまでは、なかなか気が回りませんよね。問題なく使えていれば、なおさら意識することもないでしょう。しかし、クレジットカードは個人信用が基本です。気がついたときに届けを出しておけば、その後も安心して利用が続けられます。身に覚えがある人は、今すぐにカード会社への報告することをおススメします。


[最終更新日]2016/09/14

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事