人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 未分類 > 三井住友銀行ユーザー必見の「SMBCデビット」リリース決定!詳しくご紹介!

2016-09-05

三井住友銀行ユーザー必見の「SMBCデビット」リリース決定!詳しくご紹介!

[最終更新日]2016/09/05


f:id:idea-link:20160905082347j:plain

2016年10月、「SMBCデビット」の発行開始が決定されました。本格始動は下旬となりそうですが、クレジットカードの先払い方式を不安に感じている人には朗報です。これまで国内で利用できるデビットカードはありましたが、国際ブランドVISAの決済システムを利用することで、世界中どこでも使えるようになります。でも、普通のクレジットカードとの違いや利用するメリットは?SMBCデビットのリリース前に、しっかり確認しておきましょう。

SMBCデビットってどんなカード?

キャッシュをもたない現金派のためのカード

デビットカードは一見、クレジットカードと同じように見えますが大きな違いは、「先払い」にならないこと。レジを通ったその時点で、口座から引落処理がされます。つまり、口座に残高がなければ、それ以上の金額の買い物は不可能です。

クレジットカードと同様にキャッシュレスで利用できるので、お財布の中に小銭をあまり持ちたくないという人には便利なカードです。

SMBCは三井住友銀行(Sumitomo Mitsui Banking Corporation)の略。これまでも三井住友銀行が発行するジェイデビットというカードがありました。こちらは、日本国内のみ、しかもジェイデビット利用可能な限られた店舗でしか使うことができませんでした。対応する多くは家電量販店で、一般店舗にはあまり普及していなかったようです。

SMBCデビットはVISAの決済システムを利用するため、全世界での利用が可能です。現在、日本国内でもカード決済できるところはほぼVISAが使えるので、小規模店舗やレストランなどでもSMBCデビットで支払いできるようになります。

小さな特徴としては、カードデザインが4種類から選べるということ。おなじみの三井住友カラーに加え、ゆるキャラのミドすけ、女性に好まれそうななでしこ、渋めカラーの龍。お財布の中に入れても、ひときわ目立ちそうなカードフェイスがそろっています。

SMBCデビット取得のメリット

SMBCデビットを取得するメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 審査不要でVISAのカードが持てる
  • 年会費無料
  • カード利用でポイント付与

SMBCデビットには、決済システムを利用するVISAのロゴが付いています。通常であれば、VISAカードの取得には審査が必要ですよね。でも、SMBCデビットは三井住友銀行に口座があれば、誰でも取得ができます。

またVISAカードには、年会費が必要となるカードもあります。SMBCデビットは利用の有無に関わらず、永年年会費が無料。同じ銀行系の三菱東京UFJ-VISAデビットは、2年度目から1,000円の年会費が必要です。SMBCデビットならば、使う予定がなくとも取りあえず保有しておくということができますね。

現金感覚で利用できるSMBCデビットですが、現金払いではもらえないポイントが利用事に付与されます。三井住友VISAカードと比較すると還元率は低いのですが、それでも同じ金額の買い物をするならば、現金よりは断然お得です。

三井住友VISAカードとは何が違うの?

f:id:idea-link:20160905082631j:plain

クレカほどの還元率は期待できない

同じ三井住友が発行するクレジットカードの三井住友VISAカードとSMBCデビットを比較すると、特典や還元率ではやや見劣りします。また支払いの自由度などにも、大きな違いがあります。

○SMBCデビットと三井住友VISAカードの比較 

 

SMBCデビット

三井住友VISA一般カード

年会費

無料

1,250円(税別)

審査

なし

あり

ポイント還元率

0.25%

0.5~1.0%

海外旅行傷害保険

なし

あり

ショッピング保険

あり

なし

支払い方法

一括のみ

分割・リボ払い可能

キャッシング機能

なし

あり

その他優待特典

なし

あり

使い過ぎ抑止効果は抜群

SMBCデビットは審査もなく、いわば自分の銀行口座が財布代わりになっているようなイメージです。お財布にお金がなければそれ以上使うことができないように、SMBCデビット利用でも、使い過ぎることはありません。

クレジットカードの利用に不安を持つ人や、どんな形にしても借金はイヤという人向きのカードといえます。利用範囲も広く、ジェイデビットのように利用できるかどうか煩うことも少なくなります。

また、突然の支払いにもATMに走る必要がなく、時間外手数料を気にすることもありません。コンビニでの手数料は結構バカにならないので、これは嬉しいポイントですよね。

気をつけなければならないのは、SMBCデビットとクレジットカードはまったく機能の異なるカードということ。それぞれの特徴を把握する必要があります。高額の買い物もその場で決済されてしまうので、分割やリボ払いを適用したい場合にはクレジットカードを使うようにはいきません。お金の使い方を十分に考えられる点では、安心なカードであるともいえます。

まとめ

デビットカード派や三井住友銀行ユーザーに対しては、満を持して登場といった感のあるSMBCデビット。クレジットカードほどの融通性はありませんが、お財布の軽量化にはひと役買いそうです。クレジットカードを持つと、つい使いすぎて支払い時に青くなるという人は、これを機会に思い切ってSMBCデビットに替えてみてはいかがでしょうか。


[最終更新日]2016/09/05

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事