人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 初めての方向け > 入手困難な激レアカード!「楽天ブラックカード」の特徴

2016-11-28

入手困難な激レアカード!「楽天ブラックカード」の特徴


f:id:urj:20161128144355j:plain

楽天カードはその取得の気軽さと使いやすさから、幅広い年齢層にとても人気の高いクレジットカードです。一般カードの上位に、ゴールドカードクラスの楽天プレミアムカードがあることは良く知られていますが、実はもうワンランク上位の楽天ブラックカードの存在はあまり知られていません。

まだ所有者数が少なく、手に入れるのが難しい激レアなカードといわれています。気になる楽天ブラックカードのスペックや、取得条件について見ていきましょう。

楽天ブラックカードってどんなカード?

ブラックだけどプラチナ?

ブラックカードといえば、アメックスのセンチュリオンカードやダイナースクラブのプレミアムカードが有名ですが、楽天ブラックカードは、このクラスと同等というわけではありません。年会費も3万円と、10万円を超えるブラックカードよりかなり低め。実質的にはプラチナカードのクラスに入り、券面フェイスの色はブラックですが楽天ロゴの下には“platinum”という文字が記されています。

年会費1万円の楽天プレミアムカードの上位という位置づけからしても、プラチナカードと考えて間違いはありません。とはいえ、庶民的な楽天カードから見ればかなりハイクラスなクレジットカードといえます。

入手の困難さはブラックカード並み

楽天ブラックカードの入手方法は、楽天カードか楽天プレミアムカードの利用者に対してのインビテーションのみです。ではなぜ、楽天ブラックカードが注目されるのでしょうか。その理由は、その保有者数の少なさです。

通販をしている人は必ず持っているとまでいわれる楽天カードの発行枚数は、1200万を超えています。それに対して、楽天ブラックカードを持つ人はほとんど見かけません。歴史が浅いという背景もありますが、他社のプラチナカード保有者の割合から考えても、相当取得が難しいようです。

インビテーションの条件など詳細は非公開となっているため、入手についてはブラックボックスといっても差し支えありません。持つ人が非常に少ない激レアカードであるがために、ブラックカード並みの選考が行われていると考えられます。

楽天ブラックカードのハイスペックさに脱帽!

f:id:urj:20161128144403j:plain

楽天ブラックカードを持つメリットは?

楽天プレミアムカードも、一般カードとしてポイント優待など非常にメリットが大きいカードですが、楽天ブラックカードはさらにお得感があります。楽天を日常的に利用しているのであれば、年会費は決してムダになりません。

まずはポイント付与に関してです。楽天ブラックカードでは「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」すべてのコースで利用するごとにお得にポイントを貯めることができ、アプリと併用すれば最大6倍のポイント付与がされます。これはブラックカードならではの特典です。

また、楽天ブラックカードの期間限定利用キャンペーンも多く開催され、一般カードと比較すると総合的なポイント還元率はかなり高くなります。

あれもこれも驚きの特典

楽天プレミアムカードと他のゴールドカードの比較で良く取り上げられるのが、「プライオリティ・パス」の無料取得についてです。世界120か国・400都市、850か所のラウンジをフルに利用できるプレステージ会員権(日本円で4万円弱)が付いています。楽天ブラックカードでは、さらに同伴者2名までも無料。家族で海外旅行をするのであれば、これだけでも年会費の元はとれそうです。

その他の特典も簡単に見ておきましょう。
・ブラックカード会員専用国内宿泊予約センター・優待付き
・トラベルデスク
・手荷物宅配サービス
・Hertzレンタカー優待価格サービス
・海外旅行傷害保険:最高1億円
・国内旅行傷害保険:最高5000万円
・ショッピング保険:最高300万円
・ネット不正あんしん制度

ネットや店舗でのショッピングで、どのカードよりも楽天ポイントが貯められ、補償も充実しています。さすが楽天の最上位の実力を持ったカードですね。

楽天ブラックカードの審査基準とは

その厳しさはMaster World 以上?

楽天ブラックカードは、MasterCardとJCBのブランドがあります。MasterCardの最高峰ブラックカードはMaster Worldですが、楽天ブラックカードの審査はそれ以上と考えられています。

先にもあったようにインビテーションで取得できますが、その基準は一切不明です。直接申し込みした場合、ほぼ100%即決で落選します。楽天ブラックカードの取得は、地道に楽天カード、楽天プレミアムカードで利用履歴を重ねていく他ありません。

取得の目安は?

楽天ブラックカードのインビテーションがもらえるおおよその目安としては、楽天プレミアムカード利用を2年・年間の利用額が200万円というあたりが多いようです。中には、楽天カード歴10年で年間利用額400万円というケースもあります。カードの種類を問わず、利用額と着実な返済がインビテーションへの道を開きます。

ポイントとしては、楽天グループでの利用実績です。楽天でのショッピングや旅行・ホテルの利用、楽天銀行・楽天証券など総合的な楽天ユーザーであれば、比較的早期のインビテーションが期待できます。

まとめ

庶民派の楽天カードの最高峰でありながら、突き抜けた難易度を誇る楽天ブラックカード。その取得の難易度の高さから、熱望される存在となっています。恐らくは単なる出し惜しみではなく、楽天を長く愛し、利用し続けてくれるユーザーへの返礼として位置づけられているのかもしれません。

楽天のヘビーユーザーとしては、是非、手に入れたい一枚といえるでしょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事