2016-04-21

ライフカードで貯められるポイントや特典まとめ

[最終更新日]2017/05/08


f:id:lululolochan:20160421151832j:plain

年会費永年無料のカードの中でも、ライフカードの人気がじわじわと上昇中。その秘密は、他のカード以上のポイント還元率にあるようです。とはいえ、普通に使っていては他のカードとの差異は見られません。クレジットカードに詳しい達人たちは、ライフカードをどのように活用しているのでしょうか。ライフカードでお得にポイントを貯める方法や、その他の特典について、早速見ていきましょう。

人気の秘密はポイント増額

f:id:lululolochan:20160421151849j:plain

誕生日月は破格の5倍ポイント

ライフカードを持っている人が、年に1度このカードの威力をあらためて感じるのが、自分の誕生月です。中には、誕生月だけのためにライフカードをサブカードとする人もいるほど。

「LIFEサンクスプレゼント」と呼ばれるライフカードのポイントプログラムは、通常100円につき0.1ポイント付与されます。

1ポイントあたり5円相当となり、還元率は0.5%と一般的な水準です。しかし、誕生月には1か月間ポイントが5倍! 誕生月の間は100円につき0.5ポイント、還元率は2.5%です。 この数字は業界最高値となり、見逃すことのできない大きなメリット。

年間の購入計画にこの時期を予定しておけば、大きな買い物と同時に5倍のポイントが期待できます。家具や家電の買い替え、プレゼントなどを集中的に購入する好機となるでしょう。誕生月だけはライフカードしか使わない、それも賢い利用方法ですよね。

入会から1年続く1.5倍のポイント増額

入会時にポイントを付与してくれるサービスは他のカード会社でも普通にみられますが、初年度を通して通常の1.5倍というのはなかなかありません。また随時キャンペーンが開催されており、入会特典として入会後のカード利用の際に数千円分のポイントが付加されます。

初年度の還元率は0.75%ですので、多くのカード会社の設定をかなり上回ります。入会年度中のショッピングをライフカードに任せてお得にポイントを増額しながら、次年度のステージアップをねらうという手もあります。

ここで気をつけたいのは、誕生月です。先にあったように、誕生月は5倍ポイントとなりますが、これは常態の5倍ということ。初年度の1.5倍に特典がプラスされるわけではなく、誕生月はやはり100円につき0.5ポイントとなります。勘違いしないように注意が必要です。

ステージアップとボーナスポイント

f:id:lululolochan:20160421151909j:plain

年間利用額で還元率アップ

ライフカードの年間利用額による還元率は次のようになっています。

  • レギュラーステージ(年間利用額50万円未満):還元率0.5%
  • スペシャルステージ(50~150万円未満):還元率0.75%
  • プレミアムステージ(150万円以上):還元率1%

ステージが上がるごとに還元率が大幅アップするというのは、他のカードでも珍しくありません。が、初年度特典の場合とは異なり、基本ポイントが上がることで誕生月の特典である5倍ポイントがそのまま加算されます。

プレミアムステージの場合、還元率は5%以上です。さらに忘れてならないのが、ライフカードのポイント付与が100円単位で行われるということ。カード利用1,000円からのポイント付与が主流な中で、端数の切り捨てが抑えられ、ポイントを有利に貯められます。

50万円の年間利用でボーナスポイントをゲット

年間利用額50万円以上のスペシャルステージでは、ボーナスポイントとして300ポイントがもらえます。毎月4万2千円以上利用していれば、毎年必ず1,500円分が付いてくるということです。

レギュラーステージで年間50万円以上に到達した場合には、通常の500ポイントにプラスして300ポイント、合計800ポイントが加算されます。次年度からはスペシャルステージに上がり、還元率が0.75%となります。

ライフカードはヘビーユーザーほど得するカードですが、誕生月をねらって集中的に利用しても、十分にステージアップを図れます。

毎月定期的にかかる費用をライフカード経由にするか、イベント的な出費を誕生月をまとめるか、自分に合った利用法でステージアップ&ボーナスポイントが狙えるでしょう。

多彩なポイント交換と優待サービス

f:id:lululolochan:20160421151936j:plain

交換率アップの裏ワザは?

ライフカードのポイントを利用する場合、例えば他社ポイントに移行すると1ポイント5円相当となります。ANAマイルへのポイント移行は手数料も不要、レートが1ポイント3マイルと最強レートの仲間入りを果たしています。

さらに賢くポイント交換を考えるのであれば、商品券との交換がおススメ。こちらも手数料は無料です。他社カードのポイント交換では必要となる、手数料分がかからないためムダがありません。

JCBギフトカードや図書カード、QUOカードなどには現金同様の使い道がありますよね。 また、これらのギフトカードでは、ポイントが多くたまっているほど交換レートが得になり、最高では3%以上となります。

ライフカードはポイントの有効年数を最大5年まで引き延ばせるため、じっくりと貯めることも可能です。ここでもライフカードの大きな特徴が生きてきますね。

国内外・さまざまなシーンでお役立ちの会員向けサービス

ライフカード会員向けの、便利でお得な優待サービスも充実しています。 トラベルゲートでは、会員限定の割引サービスも含めた国内外の旅行・宿泊予約が可能です。

海外旅行の際のきめ細やかなサポートを希望する際には、LIFEDESKアシスタントサービスが役立ちます。出かける前のトラベルグッズ調達から、海外おみやげ宅配サービスまで、ワンストップでライフカードがサポートを提供してくれます。

また、アミューズメントやレストランなどのレジャーから、引っ越しサービス手配、カーシェアリングなど日々の暮らしまで、多彩なサービスが用意されています。

ポイント還元率の高さに加えて、会員への行き届いたサービスも、これからのカード選びの大切な条件といえるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

イケメン俳優のCMでもおなじみのライフカードですが、ポイント還元のお得感は群を抜いているともいえます。貯め方やポイント交換のコツを知れば、さらに充実したカードライフを送ることができそうです。

メインカードでも、サブカードとしても、なかなか捨てがたい魅力をもったカードですね。


[最終更新日]2017/05/08

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事