人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 法人向けカード > 個人事業主でもOK!審査が通りやすいカードや限度額が多いカードまとめ5選

2016-07-05

個人事業主でもOK!審査が通りやすいカードや限度額が多いカードまとめ5選

[最終更新日]2016/07/05


f:id:idea-link:20160629103058j:plain

クレジットカードの審査でもっとも重要な項目は、「定期的な収入」です。カードの申し込みは、しっかりした企業に勤めている人ほど簡単ですよね。一方で相当な収入を得ていても、個人事業主には厳しいという面があります。とはいえ、必ずしも決まった日にお金が入るわけではない個人事業主にとって、クレジットカードは必須です。そんな悩みを解決できる審査に取りやすく、ビジネスにもおススメのカードを見ていきましょう。

個人事業主はクレジットカードを作れるの?

法人カードも取得可能に

個人事業主はクレジットカードを絶対に作れないか、というと簡単ではないにしろ、もちろん不可能ではありません。つまるところは、事業内容や事業規模によって事情はまったく違います。

今は個人事業主といってもさまざまな職種があります。事務所や店舗をもっている場合も、パソコンひとつでノマド生活を送る場合もあります。税の申告をしていない人でも、個人事業主を名乗っていたりします。

働き方が多様化するのに合わせ、多くのカード会社では個人事業主が利用できるカード枠を設けています。以前は大企業向けだった法人カードも、小規模な個人事業主でも利用できるようになってきています。

基本的には個人向けのクレジットカードは、経費の利用が認められていません。私用と事業費を分けるために、早めに法人カードやビジネスカードと呼ばれるカードを取得した方が良いでしょう。

creditcard-ninpou.com

最終的には個人信用

給与明細などがない個人事業主は、審査の際に納税証明書や売上実績のわかるような書類の提出が必要となる場合もあります。

その他には一般のカードと同様に、個人信用情報機関で過去情報の照会が行なわれます。例えば設立して間もない個人事業主であっても、クレジットヒストリーに問題がなく、他で大きな借入、支払い遅延がなければ審査をスムーズに通過できる可能性はぐっと高まるでしょう。

法人カードといっても、結局は個人の信用度が重視されます。申し込む前に、自分のカードの利用情報や過去歴をチェックしてみてください。

個人事業主には高いクレジットカード審査のハードル

f:id:idea-link:20160629103353j:plain

クレジットカード会社が慎重になる理由

例え個人事業主の層を対象としていても、クレジットカード会社はカード発行に至るまで慎重に審査を行ないます。一般的には個人事業は将来性が不透明であり、安定していないと見られているためです。 

個人事業主への見方が厳しくなる理由には、次のようなことが挙げられます。

 個人破産のリスクがある

 安定した収入の保証がない

 返済力を超えた利用の可能性

 

資本力に乏しい個人事業主であれば、返済よりも貸し倒れリスクの方が大きくなります。前年には十分な収入があっても、継続できるとは限りません。年収の低い勤め人の方が、年収の高い個人事業主よりも簡単にカードが作れるのは、カード会社側からすれば当然です。

ちなみに、年会費無料や格安のカードよりも、それなりに年会費の負担があるカードの方が比較的取得しすいようです。カード会社としても、年会費に多少の担保の意味あいを持たせているのかもしれません。

これまで年会費無料のカードに通らず、どうしてもクレジットカードが欲しい人は、年会費負担を覚悟して、再度申し込みにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

即日発行は期待できない

一般的なクレジットカードの中には、30分程度で審査が済み、すぐに使えるカードを発行してくれるというサービスもあります。エポスカード、セゾンカード、ACマスターカードなどは当日受取りが可能なカードで、すぐにショッピングを楽しむことができます。

しかし、個人事業主の場合にはそう簡単には審査が通りません。会社員の場合は、よほどの虚偽記載をしなければ、一般的なクレジットカードの審査は通ります。勤続年数や会社の規模から、最低ラインの年収モデルが割り出されるからです。

個人事業主は申告された収入の裏付けなどから、信用度を判断するのに時間がかかります。審査やカードの郵送を含め、2~3週間は見た方が良いでしょう。クレジットカードを利用する予定があるのであれば、審査に通る自信があっても日数には余裕をもたせて考えなければなりません。

これならイケる!個人事業主におススメのクレジットカード

ステイタス・知名度は申し分なし

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは年会費は、26,000円とさすがに高めですが、それだけのメリットは十分のクレジットカード。空港ラウンジの利用や旅行傷害保険など、出張の多い人に嬉しいビジネス仕様の特典があります。返品を保証するリターン・プロテクションも特徴的。また、アメックスカードは他のカードと違って、明確な限度額がありません。ビジネスカードでは月100万円以上使っても、特に問題がないようです。大きな金額を頼れるのもビジネスカードでは重要なポイントです。気になる審査基準は、設立1年未満でも取得可能と期待がふくらみますよね。

creditcard-ninpou.com

なんと年会費無料のビジネスカードは使い勝手バツグン

年会費を必要とするビジネス向けカードが多い中、経費を節約したい個人事業主からも人気の高いのが、ライフカードビジネス。必要な機能が過不足なく提供されシンプルながら、ビジネスカードとしての機能は十分。限度額も500万円と、安心感がいっぱいです。ETCカードの発行・年会費も無料です。ライフカードビジネスはゴールドカードを選択しても、年会費は2,000円と破格の安さ。国内外の旅行保険やシートベルト保険が付帯しているので、移動が多い仕事の場合には検討しても良いのではないでしょうか。

低コストハイスペックと大評判のカード

P-one Businessは、初年度年会費無料、さらに前年に一度でもカード利用があれば2年目以降も無料で利用できる、実質年会費無料のカードです。それでいて、なんとキャッシング枠は300万円とゴールドカード並み。気になる審査は赤字決算でもOKという太っ腹さです。支払方法も法人カードには珍しい、分割・リボ払いに対応。かなり頼りになりそうな、ビジネス向けクレジットカードとして注目です。

圧倒的な支持率を誇る信頼のビジネスカード

コストパフォーマンスの高さと信頼性ではピカイチといわれるのが、JCB法人カードです。年会費は1,250円と、ビジネスカードとしてはかなりのお安さ。その充実したサービス内容、ステイタス、ブランド力を考えると、ちょっとした驚きですよね。ETCカードは無料で複数発行が可能。カード払いの経費分もしっかりポイント還元されます。法人カードではポイントがまったく付与されないというものもありますので、ココは見逃せません。気になる審査の厳しさは、ビジネスカードとしては平均的なようです。設立3年程度であればかなり通りやすくなるので、ある程度実績が出ていれば取得の確率が上がります。

どうしても審査に通らない人のためのお助けカードはコレ

ビジネス用のカードではありませんが、ブラックでない限りは審査からまず漏れないといわれているのが、アコムACマスターカード。消費者金融会社のアコムが発行しており、審査通過率は1番とささやかれています。キャッシング枠を50万円以下に抑えると、さらに通過率が高くなります。年会費も無料ですし、カードにステイタスは不要と割り切れる人ならば、利用価値があります。

まとめ

個人事業主でも法人カードを作ると、経費の流れをまとめやすくなります。申告の際の資料としてカード利用明細がそのまま使えるので、とても便利。私的な買い物カードと分けられるので、経理の煩わしさも半減します。申込時の審査が気になりますが、ご紹介したカードの中ではかなり通過率の良いものもあります。効率よく仕事をするためにも、是非一枚は準備したいですよね。


[最終更新日]2016/07/05

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事