人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 使い方 > ボーナス払いって何が得なの?ボーナス払いのメリット&注意点まとめ

2016-07-03

ボーナス払いって何が得なの?ボーナス払いのメリット&注意点まとめ

[最終更新日]2016/07/03


f:id:idea-link:20160628212959j:plain

クレジットカードの支払方法で、意外と使わないのが“ボーナス払い”。「ボーナスなんてないわ」という人や、「何かドカンと払うイメージ」で避けているという人など、敬遠する理由はそれなりにあります。でも、ボーナス払いには、知られざるメリットがあったのです。上手に活用すれば支払いがグンと楽になるかも。あなたもボーナス払いを使いこなして、楽々クレジットカード生活を実現してみませんか?

そもそもボーナス払いってどういうもの?

手数料がとられない先払いシステム

“ボーナス払い”とは、要するに支払い期日を限定で、先延ばしできるシステムのことです。

買い物をして分割手数料のない一括払いを選ぶと、通常は翌月に引き落としが行なわれます。その一括払いの支払日を、年2回の決まった期間まで延期できるのが“ボーナス払い”と呼ばれる方法です。

元となる考え方は、もちろんサラリーマンのボーナス。高額商品の購入をしたいけれど、手元にお金がないというときに、ボーナスのお金を当て込んで利用できる支払い方法です。ボーナス払いの支払い時期が、多くの場合、夏と冬であるのもそのためです。

とはいえ、クレジットカード会社では誰がボーナスをもらっているのか、などという区別をつけてはいません。ボーナス払いは誰でも選べる支払いの方法です。「来月に支払うのは無理だけど、分割にはしたくない」そんな時にこそお役立ちの支払い方法なのです。

利用期間と支払い期日の設定

ボーナス払いが可能なカード会社では、利用できる期間を設けています。上半期、下半期に分けて、支払い月前月締日までの利用可能とするところが多いようです。

○ボーナス払い利用の例(締日が15日の場合)

f:id:idea-link:20160628213307p:plain

カード会社によっては、なんと最長で7か月半もの猶予があります。平均でも半年近く先に延ばせるので、どうしても欲しい高額商品を計画的に購入するときには便利です。

お金を貯めてから品物を購入するのではなく、購入した後でお金を貯めておいて支払う。そんなイメージでとらえるとわかりやすいですよね。

ボーナス払いを選ぶメリットって?

f:id:idea-link:20160628213333j:plain

リボ払い手数料の軽減に

一括で支払えない、という場合に使ってしまうのがリボ払いですが、手数料が高いのが悩みのタネですよね。

下の表はJCBのリボ払いを利用して、50,000円のショッピングをした例です。支払い手数料の総額は1,782円となっています。

f:id:idea-link:20160628213517p:plain

これをボーナス払いとすれば、引き落としを5か月先まで延ばしている間に、毎月コツコツと支払い分を貯めることも可能です。

手数料は積み重なれば、バカにならない金額。これまで、「来月に一度で払うなんて無理!」と即リボ払いを選んでしまっていた人も、支払い方法の選択を広げてみて損はありません。

あとからリボに変更が可能

ボーナス払いを選択したけれど支払い月になったらピンチに!という場合でも、大丈夫。一括払いをリボ払いに変えられるカード会社であれば、ボーナス払いでも同様に変更が効きます。

いくつかの支払いについてボーナス払いにしておいたけれど、すべての支払いが無理な場合には、そこからどれかをリボ払いに切り替えるという手段も可能。

あらためてリボ払いの金額設定を考えられるので、手数料の負担と照らし合わせてゆっくり検討できます。

欲しいモノは今すぐ手に入れて、支払いは後からゆっくり計画的に。ボーナス払いを賢く利用すれば、そんなカードの使い方ができるようになります。

ボーナス払いの注意点

カード会社・加盟店で設定や扱いが変わる

カード利用をしたお店で、ボーナス払いが受け付けられない場合もあります。また、カード会社によっては、ボーナス払いを利用できない期間も。

ボーナス払いは支払いが先延ばしとなるにも関わらず、手数料が無料というユーザーにとってはとても便利なシステムです。

その一方で、加盟店側のメリットに乏しいため、取り扱っていないお店が出てきます。特にコンビニや小規模な店舗などでは、ボーナス払いできないことが多いので、注意が必要です。

夏と冬の支払い月に関連して、その前後でボーナス払い不可の期間が発生します。カード会社によって日数が異なるため、ボーナス払いを利用したい場合には事前にカード会社で詳細を確認しておくと良いでしょう。

利用限度の確認を

リボ払いのような手数料はかからなくても、当然ながら元金の支払いはしなければなりません。先送りにしているだけで、「借金」は増えていきこそすれ、その間に減ることはないのです。

自分がいくら使っているか、ボーナス時期の支払額はどれくらいになるかは、常に把握しておきましょう。

大きな買い物があったことを失念して、カード限度額に達し、レジ前で慌てる事態となるかもしれません。

ボーナス払いはうまく使いこなせば、計画的な利用に効果を発揮します。しかし、どのような支払い方法であろうとも、支払い能力に応じたカード利用をしなければならないことは、言うまでもありません。

まとめ

いかがでしたか?これまであまり利用していなかったという人も、ボーナス払いの利点について理解できたのではないでしょうか。手数料がかからず、支払いに猶予期間が与えられるボーナス払い。一括払いと同じ感覚で使えるので便利です。支払い月にはしっかりと返済できるように、心積りをお忘れなく。


[最終更新日]2016/07/03

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事