人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > ポイントが貯まる > イオンカードで貯められるポイントや特典まとめ

2016-04-21

イオンカードで貯められるポイントや特典まとめ

[最終更新日]2017/04/19


f:id:lululolochan:20160421145512j:plain

 

年会費無料のクレジットカードの中でも、主婦層を中心にして人気が高いイオンカード。日々の生活にかかせない食料品や日用品の購入に、気軽に使えるカードとしてのポジションを確立しています。 生活密着型のカードだけにほぼ毎日利用する人も多いようですが、ポイント増額や特典を十分に活用できているでしょうか。もしかしたら、あなたにも見逃している情報があるかもしれませんね。 ここではよりお得にイオンカードを活用するための、ポイントや特典について整理していきましょう。

 

系列店の多さはポイント獲得に有利

まとめ買いで得をするポイント付与

ときめきポイントと呼ばれるイオンカードのポイントは、支払金額が200円で1ポイント付与されます。みかけの還元率は0.5%ですが、200円以下の単位は切り捨てとなるため、端数によっては0.5%以下になることもあります。

ポイントは1回ごとの買い物で計算されるので、食料品などはできるだけまとめて買う方が損をしません。 ポイントを徹底的に貯めるのであれば、やはり公共料金の支払いに設定することでしょう。

電気・ガス・水道・携帯電話・インターネット回線や家賃などをイオンカードに集約することで、確実にポイントを貯めることができます。

国民年金など、意外な支払いもカード払いが可能となっています。同じ金額の支払いであれば、ポイントが付与されるよう、上手に工夫をすると良いですよね。

お得なポイント付与業種は無限大

イオングループ店舗以外でポイントが増額加算されるお店やサービスが多いのも、イオンカードの特徴です。例としては近畿日本ツーリスト、アート引越センター、ツヴァイ、コスモ石油などの利用は、いつでもポイントが2倍。オンラインショップでは、スポーツオーソリティ、サンエックスネットショップ、未来屋書店電子書籍ストアの利用で最大5倍のポイントが加算されます。500のショップをそろえる「ときめきポイントTOWN」経由では、最大21倍のポイント増額もあります。 またイオンシネマの劇場窓口・オンラインともにチケット購入でポイントがお得に加算、劇場内の売店も対象となり、映画好きにはたまりません。さらには「得タク」ステッカーを貼っているタクシー乗車で、ポイントが3倍。スポーツクラブのルネサンス、ワタミグループの飲食でも倍のポイントが加算されます。

 

特典の幅広さこそイオンカード最大のメリット

f:id:lululolochan:20160421145527j:plain

毎月チャンスがやってくるお客様感謝デー

イオンカードのメリットとして大々的に広告されているのが、月に2回の「お客様感謝デー」。カードで購入すると、商品代金がすべて5%引きとなります。

朝から大量に商品を積んだカートがレジ前に並ぶ光景は、すでに20日・30日の恒例となっています。 また熟年層をターゲットとした「G・G感謝デー」は毎月15日に開催され、55歳以上の会員がカード払いするとこちらも5%引きとなります。

その他の定期的な特典としては、毎月5・10・15日の「わくわくデー」でポイントが2倍、毎月10日の「ときめきWポイントデー」でカード決済分がポイント2倍となっています。

24時間営業のマックスバリューでも同様の特典が得られるので、割引やポイント加算のチャンスを逃すことがありません。

不定期プレゼントのサンキューパスポート

定期的な優待サービスに加え、シーズンに合わせて不定期に提供されるサンキューパスポートも見逃せません。

新生活開始時期や年末など、多くの物品の購入が必要となるタイミングで、衣料・家具・寝具・日用品・家電他が5~10%オフとなります。 期間内であれば、自分の都合の良い日に訪れ、パスポート提示で1日何度でも特典を利用できます。

毎年おおよその時期が予測できるので、会員の中にはサンキューパスポートを買い物の年間計画に繰り入れる人も多いようです。

特別価格で提供された商品から、カード利用でさらに5%引きになる企画品もあるため、実際には相当額の値引きとなります。サンキューパスポートの開催時期には、必ず店舗をのぞいて見たくなります。

f:id:lululolochan:20160421145541j:plain

お買い物以外での特典も満載

日常の買い物に使いやすくポイントが貯められるだけではなく、イオンカードはショッピング以外での会員特典が多いことでも知られています。

イオンシネマの一般入場券は、カード利用でいつでも300円引きで購入でき、カラオケのビッグエコーではイオンカードの提示だけで、室料が30%オフ。

また、東京グランドホテルなど全国の優待ホテルで10~15%割引で宿泊ができます。 世界15ヶ国24ヶ所に拠点を置くイオンワールドデスクでは会員向けサービスとして、各国各都市の情報提供、さまざまな施設・公共機関・ホテルの予約やチケット手配を行なっています。

遊びに趣味に仕事にも、イオンカードの特典が力強くサポートをしてくれそうです。

 

まとめ

イオンカードは、イオングループでのショッピングが多い人には必需品ともなっています。これまであまり気にしていなかった人も、特典やポイント加算の詳細を知っていれば、お得により楽しい毎日が過ごせそうですね。

暮らしを支えるカードとして、イオンカードを徹底活用してみてはいかがでしょうか。


[最終更新日]2017/04/19

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事