人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 節約術 > 何度も読み直したい!クレジットカード家計術をおさらい!

2016-08-26

何度も読み直したい!クレジットカード家計術をおさらい!


f:id:idea-link:20160823194249j:plain

クレジットカードは家計の敵、などというのはもう過去の話。利用をしっかり管理さえすれば、この上ない家計の味方になります。そんなに変わるわけでも…と思ったあなたは損をしているのかも。知らないと絶対後悔する、クレジットカードの最大活用術。クレジットカードをどのように使えば家計がより潤うのか、早速チェックしていきましょう。

クレジットカードで家計が助かるわけ

クレジットカードは“払う”だけじゃない?

クレジットカードといえばかつては、「欲しいものを買う」ためのものでしたが、「買わなくてはならないものに使う」のが今ドキの考え方。生活するためには、どんな人でも必ず支払わなければならないものがありますよね。

現金払いや口座引き落としでは、何も還元されませんが、企業が提供しているクレジットカードには特典やポイントがあります。例えば、食費や光熱費に月10万円かかっているとすれば、その分をクレジットカードに変えるだけで必ず“何がしか”のお得がついてきます。

例え業界標準の還元率0.5%でも毎月500円還元されれば、年間6,000円。出費がお金になる、それがクレジットカードを使う理由です。

付帯する補償で保険料を浮かせる

家族で海外旅行。とてもステキですが万一のトラブル対策はできていますか?旅行の都度、保険までしっかりと吟味して出かける人は、かなり少数派ではないでしょうか。

大抵のクレジットカードには、海外旅行を始めとした各種の補償が特典でついています。また、大手のカード会社では日本語対応の海外デスクを配置しており、日本人観光客が訪れるメジャーな都市であればサポートは万全。ショッピング保険がついている場合もあるので、破損や紛失の際も安心です。

その他、国内でもシートベルト保険などの傷害・損害保険を充実させているクレジットカードは多く、個人的な保険の負担を見直せるかもしれません。

優待割引を使い倒せば結構な値引きに

クレジットカード会社はそれぞれの系列や提携企業をもっているので、レストランやテーマパーク、アミューズメント・エンターテインメント系の優待割引サービスが付いています。

自分の手元にあるクレジットカードでは、どんな割引があるかご存知でしょうか。入会時のパンフレットを良く確認したら、いつも行くファミレスで常時5%引きだったとか、ドリンク無料サービスがあったのに、などの“見落とし損”があるかも。 家族で行けば、飲み物だってバカにはなりませんよね。

例え数パーセントの割引率でも、人数と回数をかけるとかなりの値引きになります。提示するだけでも優待されたり、無料サービスが提供されたりするケースもあります。今すぐ、チェックですね。

クレジットカードでお得になる具体策4選

f:id:idea-link:20160823194225j:plain

固定費のクレジットカード払いは必須

先にもあったように、必ずかかる固定費はすべて1枚のカードに集結します。クレジットカードによっては、カード払いの手続きだけでボーナスポイントがもらえるお得なキャンペーンもあります。どのカードならば、もっともポイント付与が大きいのかじっくりと検討しましょう。

食費も可能な限りカード払いで

クレジットカードによって、ポイントが付与される最低利用額が異なります。食料品や日用品など細かいお買い物には、100円からポイントが付くものを。少額の買い物でも、おろそかにしては損です。

小銭の出し入れの手間がないのはもちろん、クレジットカードの明細で1円に至るまで、生活費管理がしやすくなります。最近はカード会社のデータと連動するアプリも多いので、家計簿の記載すら必要なくなるかも。

1回・2回払いを厳守

クレジットカードのポイントをゲットするために工夫を凝らしても、支払い時の手数料がかかってしまっては意味がありません。支払回数は2回までならば、手数料は無料。 2回までで支払い切れる利用額への意識づけも、重要なポイントです。賢い主婦は、常にリボ払いとは無縁なのです。

ポイントの付与条件をくまなくチェック

クレジットカードのポイントプログラムによっては、お得な付与条件があちこちに隠れています。

  • 電子マネーチャージ
  • ETC利用
  • 提供サイト経由のショッピング
  • リアル店舗との共有

このような部分についてのポイント付与は、クレジットカードの使い勝手を左右するところ。例えば、税金のように現金払い必須といいつつ、電子マネーには対応しているものもあります。

税金は高額になることが多いので、クレジットカードからチャージする際に大きなポイントが付与される可能性もあります。通常の付与率よりも高く設定されているのならば、なおさらお得ですよね。

お得にするためのクレジットカード選択ポイント

利用頻度の高い系列のカードを選ぶ

クレジットカードを選ぶ際には、還元率やポイント付与条件のチェックは絶対です。良く利用する系列のカードでは、ポイント獲得の機会も多くなりますし、会員優待も使えるので満足度もアップ。

コンビニ利用が多い、まとめ買いが多い、などライフスタイルにマッチしたカード選びが重要です。

メインカードを絞り込む

例えば、固定費に関してはこのカードがお得だけれど、少額でもポイントがつくものを日常のカードとして使いたい、というような使い分けはある程度必要でしょう。貯まったポイントがキャッシュバックされるのか、ギフトカードや他のポイント移行になるのかなども確認しておきましょう。

クレジットカードのポイントプログラムは、「貯める」「使う」両方の有効性を見極めてください。

年会費とのバランスを考える

年会費無料!はやはり魅力的ですが、それのみにこだわるのは逆にお得度が下がることもあります。数千円の年会費が、カードの利用条件で無料となることもあります。

年会費が有料のカードはポイント還元率の設定が高く、キャッシュバックから見ると十分に元が取れているケースも少なくありません。年会費がかかるカードは候補にしない、ではなく良く検討をしてから決めてくださいね。

creditcard-ninpou.com

まとめ

最近のクレジットカード会社は、ユーザーへのサービス提供でしのぎを削っています。よく見比べて、上手に利用すれば年間数万円のキャッシュバックも夢ではありません。現金主義では得られない、魅力ある特典もたくさんあります。しっかりと家計管理をしながら、ステキなクレジットカードライフを実現していきましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事