関連ページ:人気のクレジットカードランキング楽天カードを徹底比較楽天カード
人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 使い方 > ふるさと納税に楽天カードを使えば超お得?話題のふるさと納税を徹底解説!

2016-08-04

ふるさと納税に楽天カードを使えば超お得?話題のふるさと納税を徹底解説!

[最終更新日]2017/05/08


f:id:idea-link:20160804134725j:plain

家計に負担ばかり増えている話題の中で、「ふるさと納税」に人気が集まっています。黙っていても税金は払わなければならないのに、なぜ皆さん嬉々としてふるさと納税を行なっているのでしょうか。そこにはかなりお得な理由がありました。そしてさらにお得感を増したいのなら、楽天カードの利用が良いのだとか。ふるさと納税に楽天カードを使うメリットについてお伝えしていきましょう。

なぜ今ふるさと納税が人気?

ふるさと納税のシステムとは

ふるさと納税の実質的な中味は、自分の好みの自治体に対する「寄付」です。全国のふるさと納税を受け付けている自治体に、一定金額を納付すると「お礼品」や翌年度の税の優遇が受けられるため、支払った金額以上の見返りが期待できます。

ふるさと納税の人気のポイントは次の5つ。

  •  好きな自治体に納税できる
  •  税金の使い道を指定できる
  •  所得税・住民税から控除される
  •  お礼品がもらえる
  •  複数の自治体に納税可能

2014年4月以降からは、条件によっては確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」がスタートし、さらにふるさと納税が身近になってきました。

ふるさと納税でどれくらい得するの?

ふるさと納税の最低金額は2,000円です。例えば1万円のふるさと納税を行なった場合、2,000円を引いた8,000円分が控除や還付の対象となります。

ふるさと納税のお礼品は自治体によって異なりますが、数千円から数万円の価値がある特産品を受け取ることができます。自治体の運営を応援して感謝され、控除によって負担が少なく、それでいて美味しいものがもらえる。これなら人気なのも納得できますよね。

ひとつ気をつけておきたいのは、ふるさと納税をするとお得だからといって、たくさんすればするほど、税金が控除されるというわけではないということです。

ふるさと納税自体には金額の上限がありませんが、1万円で8,000円の控除があっても、100万円で同様に控除されるとは限りません。家族構成や年収によって控除の上限があるので納税金額がどれくらいならば、もっとも効果的かを考える必要があります。

控除シミュレーションサービスが提供されているので、自分自身の控除上限額を事前に確認しておくと良いでしょう。

控除シミュレーション:

ふるさと納税に楽天カードを使うメリットは?

f:id:idea-link:20160804135506j:plain

クレジットカードでも納税ができるの?

ふるさと納税をクレジットカード払いで受け付けている自治体は、全体の6割ほど。クレジットカードに対応していない自治体については、原則、現金振り込みになります。 自治体に直接ふるさと納税を申し込む場合、ほとんどは現金振り込みとなります。クレジットカード決済のシステムをもっている自治体は、まだあまり見かけません。

「ふるさと納税サイト」経由ならばクレジットカードでの納付が可能です。でも、メリットが大きいサイトを選びたいですよね。それが、楽天カードを利用したふるさと納税です。

いつものショッピングと同じ感覚でふるさと納税

ふるさと納税を扱うポータルサイトは、年々増えています。どこを選ぼうかと悩みますが、いつものショッピングと同じ感覚でできると、一層気軽ですよね。

楽天は2015年からふるさと納税に参入し、専門サイトを立ち上げています。楽天のふるさと納税を利用するメリットは大きくは、2つ。

  •  申し込みの手間が省ける
  •  楽天ポイントが貯まる

自治体にふるさと納税の申し込みをする際には、当然、氏名・住所などの設定が必要となります。楽天ならば、IDがそのまま使えるのでとても簡単。とくに複数の自治体に申し込みする際には、便利です。

楽天のショッピング同じ感覚で、ふるさと納税が済んでしまうのでハードルが低いですよね。

そして何よりも大きなメリットは、楽天カードで支払った際のスーパーポイントプログラム。4万円以上のふるさと納税で、なんと2,000円分の楽天スーパーポイントが付与。つまり自己負担額がゼロ円となります。

お礼品の相場は、ふるさと納税の半額程度といわれています。4万円のふるさと納税をすると、負担金なしで2万円の特産品がもらえるということに。

他のふるさと納税サイトでは、これほどの特典がありません。

例えばふるさと納税サイトの最大手は「ふるさとチョイス」ですが、運営側のポイントシステムは何もないので、自己負担額はいくら納税しても変わりません。

楽天ふるさと納税は開始当初、取扱数が少ないのがデメリットでしたが、楽天ユーザーの多さから参加する自治体も増えています。今後、急激な増加が期待できるでしょう。 ふるさと納税自体のメリットに上乗せした、楽天カードの利用特典。これを見逃す手はありません。ポイントを貯めつつ地域に貢献できる、楽天カード&ふるさと納税の組み合わせは最強といえますね。

creditcard-ninpou.com

まとめ

ふるさと納税のニュースに、興味をもっている人は多いようです。最初はなかなか手が出しにくいようですが、楽天ならば買い物感覚でしかも高ポイントをゲット。確定申告の要らない仕組みづくりも整い、ますますハードルは下がりました。自治体を楽しく応援できてお得感満載。楽天カードのふるさと納税を検討してみては?


[最終更新日]2017/05/08

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事