人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > 海外に強いカード > 海外旅行に行く前にチェックしておきたいお得なクレジットカード4選!

2016-07-25

海外旅行に行く前にチェックしておきたいお得なクレジットカード4選!

[最終更新日]2016/12/05


f:id:idea-link:20160722183750j:plain

普段はまちがいなく現金主義!という人も、海外旅行には絶対にクレジットカードが必要と考えてください。なぜ?そこには、国外ならではのさまざまな理由があるのです。それを知ればきっとあなたも納得できるはず。ここでは、海外旅行にはクレジットカードが必須といわれる意味と、海外旅行へもっていくイチオシのクレジットカードを紹介していきます。

海外旅行にクレジットカードが必須な理由

何しろ現金は危険!

どれだけ海外旅行の危険性を伝えても、やはり日本人の危機管理意識はかなり弱いといわれます。日本であれば代金の支払い時に財布からお札をのぞかせていても、いきなり襲われることはまずありません。

でも、海外ではどこで誰が見ているかわからないのです。一度目をつけられれば、即アウトといっても過言ではないほど。現金の持ち歩きはそれほど危険と考えて良いでしょう。

海外では日本人のように、高額紙幣を持ち歩く人は稀です。財布の中に何万円も入れている人は、まずいません。そんな中、旅行で使う分を全部現金で持っていたら、スリや強盗を呼んでいるのと同じこと。

クレジットカードならば、盗難に気付いた瞬間にカードを止めることもできますし、保険の適用もあります。クレジットカード1枚ならば、お札でポケットをふくらませて、悪人の目を引くこともないでしょう。

両替の手間&手数料

海外旅行で厄介なのは、手持ちのお金がなくなったときの換金の手間。ホテルや空港など大きなところでないと、窓口がありません。

また、その際にかかる手数料も4~10%。クレジットカード利用の手数料は高くても2%程度なので、その点からいっても現金を替えるよりお得です。

特にあまりメジャーでない通貨の場合、手数料が高くなります。クレジットカードは、国による違いはほぼないため、移動しながらの旅行でも安心です。

使ったお金を覚えてる?

海外旅行を楽しむ際に、国内にいるときのように、細かく使ったお金を記録しているという人はどれだけいるでしょうか?レシートを保管していても、帰国後に現地通貨を日本円に計算しなおすのは、相当な面倒です。

クレジットカードの利用明細では、海外で使った分も、日本円換算で記載されてきます。あの日買ったお土産や、この日に食べたレストランの代金もすべて記録されるので、家計簿をつけるのも簡単。

現地でもらったはずのレシートがなくなっても、ちゃんとクレジットカードが覚えていてくれる、そんな感じ。昂揚感とともに過ごす海外だからこそ、帰国後には収支管理をきちんとしておきたいですよね。

クレジットカードの傷害保険が心強い

もうひとつ、とても大事なのは、クレジットカードを上手に選ぶと、海外旅行中のアクシデントを傷害保険でカバーできるということ。

楽しい海外旅行がとんでもない事態になる可能性は、誰にでもあります。急な病気になったときも、健康保険制度の発達している日本国内のようにはいきません。

例えば盲腸の手術の場合、アメリカの場合は150~200万円、ヨーロッパでは100~300万円もかかります。これを聞けば、保険なんて要らないなんていえなくなりますよね。 一般的なクレジットカードが提供している海外旅行保険では、病気やケガに対して、200~500万円程度の補償が付けられています。万が一の場合を考えても、クレジットカードを持つことは決してムダになりません。 また、ホテルやレストラン、その他の場所で備品を破損した場合、請求が数十万から数百万円にもなることもあり得ます。クレジットカードの保険内容によっては、このような物損もカバーしているものもあります。子ども連れの旅行ならば、是非、補償内容をチェックしておきたいものです。

海外旅行に嬉しいクレジットカードの特典

VIP感に満ちた旅行ができる特典

クレジットカード特典に空港の待ち時間を優雅に過ごせるラウンジ利用がついていれば、旅はきっと何倍も楽しくなります。特に有名なのは、「プライオリティパス」といわれるもの。

世界400都市に700か所以上ある空港ラウンジが利用でき、中では飲み物や軽食のサービスがあります。国や空港による設備の違いはありますが、いずれにしても、一般客とは隔てられた広いスペースで、セレブのようにトランジットを楽しめるのです。

クレジットカードによって、プライオリティパスのグレードや有料・無料の差があります。海外旅行にクレジットカードを取得する予定ならば、絶対にチェックしておきたい特典です。

これは楽チン!家路まで続く特典

クレジットカードによっては、インターナショナルに利用されることを想定し、海外旅行でのきめ細やかなサービスを充実させているブランドもあります。

例としては、飛行機の遅延による乗り換えの代金補償をしてくれる遅延補償や、トラブルに対応しさまざまな手配をしてくれる現地デスクの提供など。

また、手荷物を自宅まで無料配送するといった至れり尽くせりのサービス特典が付帯しているカードもあります。海外旅行では、ひとつひとつの出来事を解決する際、相談する先に迷ってしまいます。

海外旅行向けのサービスが充実したクレジットカードをもつと、心強い「一括相談窓口」が旅行の全行程をサポートしてくれます。

海外旅行をするならおススメのクレジットカード4選

f:id:idea-link:20160722184314j:plain

楽天プレミアムカード

プライオリティパスがフル利用できるプレステージ会員の権利が取得できる、楽天のゴールドカード。年会費10,000円(税別)の価値は十分感じられます。

ブランドはVISAとJCBを選べますが、海外旅行を主な目的とする場合はVISAの選択がおススメ。世界に冠たるVISAカードなら、あらゆる国で利用ができます。

旅行保険は5,000万円までで、医療費が高いアメリカ、中国に行くにも余裕です。買い物した商品の盗難・破損などについて、300万円まで補償するショッピング保険も付帯しています。

保険については、出かける前に登録や何らかの条件が必要なカードもありますが、楽天プレミアムカードならば、自動付帯となっているので忘れることがないのも安心ですね。

creditcard-ninpou.com

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

海外旅行傷害保険が最高1億円まで補償されている、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、その他にも海外旅行者に手厚い特典が準備されています。

年2回まで利用できるプライオリティパスのラウンジは同公社1名まで無料で利用が可能。 夫婦で持てば、家族4人でゆっくりと待ち時間を過ごすことができます。

手荷物の宅配サービスは往復が無料。行きも帰りも手ぶらで身軽に旅行なんて、本当に楽ですよね。また、ホテルやその他のチケットのキャンセル料金、飛行機に乗る際に預けたスーツケースが紛失したときの補償など、実にきめ細やか。

世界中でステータスが十分に認知されているカードであることも、海外旅行の不安を解消してくれそうです。

creditcard-ninpou.com

三井住友VISAカード

世界シェアNo,1のVISAカードと日本で初めて提携したのが、三井住友です。その信頼性は、海外旅行の場でもしっかりとした安心を与えてくれます。

気になる海外旅行の補償は、最高2,500万円まで。そしてもうひとつ嬉しい補償が、携行品損害補償保険です。日本から持って行ったカメラや携帯電話、現地で購入したお土産品などについて、最高50万円までの補償がついています。

不測の事態が起こった場合に、頼りになるのが24時間対応の緊急アシスタンスサービス。ことばの通じない外国で、急病や大けがといった際に迅速に応答してくれるサポートデスクの存在は、かけがえのない存在に思えるかもしれませんね。

creditcard-ninpou.com

まとめ

おなかに現金を巻き付けて…という時代ではありません。危険については十分な意識と、頼りになるクレジットカードで対処しましょう。国内では不要な人も、海外では事情がまったく違います。

トラブルをできる限り回避し、楽しい思い出だけを持ちかえるためにも、クレジットカードの準備をお忘れなく。


[最終更新日]2016/12/05

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事