関連ページ:人気のクレジットカードランキング年会費無料のゴールドカード
人気のクレジットカードランキングTOP > MONEY GUIDE(マネーガイド) > ゴールドカード > 入会金・年会費無料からゴールドカードが作れる!おすすめクレジットカード4選

2016-06-02

入会金・年会費無料からゴールドカードが作れる!おすすめクレジットカード4選

[最終更新日]2017/05/08


f:id:idea-link:20160602125404j:plain

永久無料で使えるカードがいくらでもあるのに、わざわざ有料のカードを持つ必要があるのか?そう考える人がいる一方で、やはりある程度の年齢や地位になったらステータスのあるカードを持ちたいと思う人もいます。ゴールドカードはステータスカードの中でも、満足度や充実度が高く、比較的敷居が低いカード。各社それぞれの特典も見逃せず、使う人によっては会費以上のメリットがあります。ここでは入会金や年会費無料、あるいは格安で作れるおすすめのゴールドカードと、その特徴について紹介していきます。

ゴールドカードとは?ゴールドカードを持つメリット

f:id:idea-link:20160602181334j:plain

レジ前で見えるさり気ないステータス

ゴールドカードを持つステータスの理由は、単に年会費有料だけではありません。

一般のクレジットカードより年齢制限や審査が厳しいことで、保有する人間の信用の高さが保証されます。

普通のカードでも安定収入のあることが審査基準となっていますが、ゴールドカードに格上げする際にはそれまでの支払い状況の確認や、さらに高い年収基準をクリアしなければなりません。

基準となる年収は各社によって異なり、明記されていない場合もあります。平均では、おおよそ400~500万円以上としているところが多いようです。

ゴールドカードならではの高額な限度額設定

一般的なクレジットカードの限度枠は、個人ごとに査定されますが、50万円~100万円くらいまでです。

年会費のあまり高くない、いわゆる庶民派のゴールドカードは、最初の限度枠が一般のカードとそれほど違いはない場合も。

その後、利用額に伴い限度額を上げることが可能です。

有名ブランドのゴールドカードでは、最初から上限額が200万円くらいあるようです。

個人の信用度にもよりますが、最終的には800万~1000万円まで上限を設定できるカードもあります。

セレブな気分になれる特典も魅力

ゴールドカードでもっとも便利な特典といえば、ゴールドデスクの利用です。

旅行プランや、急な宿の手配などさまざまな相談に対して、秘書のように対応してくれます。 ゴールドカード専用ダイヤルが設置されているため、他のカードデスクのように待たされることもあまりありません。

またゴールドカード特典として良く知られているのが、空港のラウンジ使用です。空港のフロアで案内を目にすることも多いのではないでしょうか。

無料ドリンクサービスや、wi-fi使用、新聞・アルコールの提供や中にはシャワー、マッサージ機など用意されている場合もあります。 待合室が一般搭乗客と分離されているため、優先搭乗案内をしてもらえ、ちょっとしたセレブ気分が味わえます。

creditcard-ninpou.com

入会金、年会費が無料もしくは格安のおすすめクレジットカード

f:id:idea-link:20160602182251j:plain

年会費無料のイオンゴールドカード

ほぼ永久的に年会費無料でゴールドカードを持ちたい人におススメのカードです。

ただ、直接取得ができないため、先に一般的なイオンカードを持っていなければなりません。

イオンカード取得後、100万円以上のカード利用が確認された時点で、ゴールドカードの案内が送られてきます。もしくは、イオン銀行への定期預金口座に500万円以上の残高があった時点で、翌々月にはゴールドカードの案内通知があります。

一度取得すると、利用が無くてもゴールドカードの更新がされます。

また、条件である100万円の利用金額は、イオングループ以外での支払いも含まれるため、比較的ゴールドカードへの移行はしやすいといえるでしょう。

国内外の旅行傷害保険や、ショッピングセーフティ保険、羽田空港のラウンジとイオンラウンジの利用など特典も充実。手に入れやすく、ずっと無料で持つことができるイチオシのゴールドカードです。

初年度年会費無料で気軽にお試し三井住友VISAカード

ある程度ネームバリューがあるゴールドカードを試してみたいのであれば、初年度年会費無料を選ぶのが便利。

三井住友VISAカードは、インターネット入会で初年度会費が無料です。 日本初のVISAカードとして、知名度はナンバーワン。ゴールドカードを持つステータスとしては最適でしょう。

もちろん一般カードから移行する場合もインターネット経由で、初年度会費が無料となります。 気になる翌年度からの年会費は、通常10,000円。web明細に切り替え、自動リボ払い設定で、4,000円に抑えることも可能。リボ設定は99万円までなので、実質1回払いと同じ扱いにもできて安心です。

公表されているゴールドカードの特典は、さすがの充実です。

・最高5,000万円の海外

・国内旅行傷害保険

・年間300万円までのお買物安心保険

・ゴールドデスク

・空港ラウンジサービス

・ドクターコール24

・情報誌「VISA」無料購読

・ワールドプレゼント専用景品

老舗カード会社のゴールドカード会員として、ワンクラス上の気分を味わえそうですね。

creditcard-ninpou.com

特筆すべきは補償の充実 入会金無料のライフカード

入会金無料で作れるライフカードのゴールドカードは、23歳以上で安定した継続収入と比較的審査が通りやすい条件です。

流通系、消費者金融系カードと同クラスの審査基準といわれ、消費者金融の基準が通る人であればおよそ持つことが可能です。

気になる年会費は10,000円と標準的ですが、大きな特徴としては各種保険の充実。ゴールドカード取得と同時に自動で、国内外の旅行傷害が本人に対して最高1億円、家族特約で最高1000万円が付いています。

また、運転中のトラブルに対応したロードサービスでは、20kmまでのレッカー移動が無料。レンタカーやホテルなども、すべてオペレーターが手配してくれる手厚さです。面白いところでは、シートベルト傷害保険で最高200万円が補償されています。

その他、ゴールドカードではおなじみのショッピングガード保険、ゴールドデスク、空港ラウンジサービスなどもしっかりと付加。 Master、VISA、JCBの3種類から選ぶことができるため、海外ではそれぞれのブランドサービスを受けることになります。

creditcard-ninpou.com

海外出張が多い人なら絶対に持つべきは楽天プレミアムカード

無料の楽天カードを保有している人にとっては、年会費10,000円の楽天プレミアムカードは抵抗があるかもしれません。

が、海外旅行や出張が多い人であれば、十二分に価値がありそう。

その理由は、プライオリティ・パス(Priority Pass)のプレステージ会員に無料登録できることです。世界120ヵ国400以上の都市にある700ヵ所以上の空港VIPラウンジを、無料で利用可能。

ファーストクラスや、ビジネスクラス用に提供されたスペースなので、あらゆるビジネス設備が完備されています。ビュッフェ形式の食事、スイーツ類、アルコール飲み放題など、信じられないほどのサービスがそろい、世界中でVIP気分に浸ることができます。

中には、会議室やシャワーがあるラウンジまで存在します。 この会員の正規料金は、年会費399米ドル、日本円にして5万円ほどです。年会費1万円でこのサービスが受けられると聞けば、お得感に納得する人も多いのではないでしょうか。

なお、年会費についてもポイントの還元率は、無料の楽天カード+1%となっており、年間108万円の利用で10800ポイント。毎月利用する金額をこのカードに集約すれば、年会費税込10,800円の元を取ることも不可能ではなさそうです。

creditcard-ninpou.com

まとめ

ゴールドカード、と聞くと「年会費がとられる!」と思い込みがちですが、無料で使えたり、気軽に試せるカードもあります。利用してみるとクレジットカードの機能としてはもちろん、旅行好きやビジネスマンには特典によって十分なメリットを感じる人も多いようです。お財布からカードを出す時のちょっとした気分の良さを、ゴールドカードで味わってみても良いのでは?


[最終更新日]2017/05/08

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事