2017-03-07

docomoユーザー必見!dカードとdカードゴールドを徹底比較

01


人気のポインコ兄弟が宣伝しているdカードは、実はかなり強力なカードといわれています。その秘密はdポイントの高い還元率です。それならばぜひ1枚もっておきたいところですが、dカードとその上位カードであるdカードゴールド、どちらを取得すればよりお得なのでしょうか。

docomoユーザーであれば、かなり悩むところです。そこで今回は、申し込む際に役立つであろう、dカードとdカードゴールドの詳細を比較します。

docomoユーザーならぜひ所持しておきたい2つのカード

実質年会費無料のdカード

dカードはdocomoが発行する、電子マネーを搭載したクレジットカードです。利用するたびに貯まる、dポイントシステムを採用しています。還元率は業界の中でも1.0%の高水準で、100円につき1ポイントが付与されるため、非常にお得です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、そこだけ見ても日常使いに適したカードとなっています。

さらに必見すべきポイントがあり、docomoユーザーならば毎月の携帯料金でポイントを大きく貯められるということです。さらに貯まったポイントを、携帯料金の支払いや機種代金に使えます。またdケータイ払いプラスを利用し、ショッピングやサービスの購入にも利用できるので、せっかく貯めたポイントの使い道に困るという心配もありません。

気になる年会費は1,250円(税抜)ですが、1度でも利用があれば翌年度分が無料となります。携帯料金の支払いに設定しておけば確実に無料となるので、年会費負担の心配はありません。

年会費を払ってもお得?dカードゴールド

dカードゴールドは、dカードの上位カードです。ゴールドカードというだけあって、年会費は10,000円(税抜)となっています。こちらは利用に関連しての、年会費の割引などはありません。dカードと比較すると高額な年会費ですが、dカードゴールドにその価値はあるのでしょうか。

dカードゴールドをもつと、docomoの携帯、docomo光の利用金額1,000円につき100ポイントが付与される「GOLDステージ」の対象となります。携帯料金が月に1万円近い人であれば、付与額も相当なものになるでしょう。

さらに決められた期間内に1度でも利用があれば、ステージ特典ポイントとして3,000ポイントがもらえます。これらを考え合わせれば、年会費の元は十分に取れそうです。つまり、スマホもインターネットもdocomoユーザー、という方であればdカードゴールドを保有する価値は絶対的なものがあります。

さらに空港ラウンジ利用や海外旅行補償など、ゴールドカードとしての特典にあふれており、年会費を負担しても損とは感じられません。

dカードとdカードゴールドを徹底比較

02

2つのカードの詳細情報を比較

dカードとdカードゴールドの詳細情報を確認しておきましょう。

○dカード
・年会費:1,250円(税抜)年に1回以上の利用で無料・家族カード:400円(税抜)年に1回以上の利用で無料
・ETCカード:500円(税抜)年に1回以上利用で無料
・dポイント還元率:1.0%
・ケータイ補償:最大1万円補償
・ステージ特典ポイント:レギュラー500ポイント
・利用料金に対するポイント付与: 1,000円につき10ポイント
・旅行保険:なし
・空港ラウンジ利用:なし
・お買物あんしん保険:年間100万円まで

○dカードゴールド
・年会費:1万円(税抜)・家族カード:1枚目年会費無料 2枚目以降1,000円(税抜)
・ETCカード:無料
・dポイント還元率:1.0%
・ケータイ補償:最大10万円補償
・ステージ特典ポイント:ゴールド3,000ポイント
・利用料金に対するポイント付与: 1,000円につき100ポイント
・旅行保険:国内最高5,000万円(利用付帯)
海外最高1億円(自動付帯)
・空港ラウンジ利用:全国28空港
・お買物あんしん保険:年間300万円まで
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン® ドコモラウンジ利用

還元率は同一 貯まり方に差

dカード・dカードゴールドとも、基本のポイント還元率は同じ1.0%です。ローソンでのショッピング時にdカードで決済すると3%の割引があり、加えて1%のショッピングポイント、さらに1%のdポイントと合計で約5%の還元率となります。こちらについても、両カードで違いはありません。

もっとも目につく大きな違いは、ケータイ補償がdカードでは1万円のところ、ゴールドでは10万円になるということでしょう。iPhoneを利用している場合には、appleケアを付帯する必要がなくなります。携帯利用料に対するポイントも10%と大きく、毎月1万円以上の利用があれば、それだけで年会費分が浮くということです。また空港ラウンジ利用権、最高1億円の旅行保険など、ゴールドカードらしい特典も目を引きます。

つまり、dカードとdカードゴールドの違いは通常のショッピングではあまり感じないものの、年間を通せば貯まるポイントにかなりの差が開きがあると覚えておいてください。

自分のライフスタイルにあったカードを選択する

dカードがオススメな人は?

dカードは年会費をできるだけ払いたくないけれど、還元率の高いクレジットカードが欲しいという人にオススメです。

・家族が他のキャリアの携帯を使っている
・ローソンを良く利用する
・docomoの光回線を利用していない
・携帯の利用料金が5,000円以下

こうした利用状況であれば、dカードゴールドの年会費を払う必要性は感じられません。dカードで月々のdocomoの携帯料金を支払えば年会費負担がなく、ローソンなどでのクレジットカード利用で、高還元率を享受できます。

dカードゴールドがオススメな人は?

年会費を支払ってもdカードゴールドをオススメできるのは、次のようなタイプの人です。

・家族全員がdocomoユーザー
・docomoの光回線を使っている
・携帯利用料金が1万円前後
・携帯の破損が心配
・旅行好き

ヘビーなdocomoユーザーであれば、dカードゴールドの取得によって、年会費を上回るお得感が間違いなく手に入ります。docomo携帯の台数が多いほど、ポイントがさくさくと貯まるクレジットカードはもちろん他にありません。docomoをこよなく愛するユーザーであれば、dカードゴールドの年会費を支払う値打ちは十分にあります。

おわりに

dカードとdカードゴールドは、高還元率でポイントが貯められ、それを暮らしに役立てられるクレジットカードです。他社携帯会社の発行するどのカードよりも、自社の携帯ユーザーを優遇しているといっても間違いないでしょう。

docomoユーザーがこのカードを見逃しているならば、かなりの損です。自分の生活に合った1枚を選び、快適なdカードライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事