2017-06-14

毎日コンビニに寄る方なら、ぜひ所持したいコンビニでお得なクレジットカード

[最終更新日]2017/06/14


コンビニのない生活なんて考えられない!という人はかなりいるのではないでしょうか。一方、コンビニのレジでクレジットカードを出している人は、まだ少数派のようです。

コンビニの支払いだし現金で大丈夫でしょ、と思っている人は実は損をしている可能性があります。コンビニでクレジットカードを使うと何がお得なのか、どのクレジットカードが最適なのか調べていきましょう。

コンビニでよく買い物する方へ

少額だからこそクレジットカードを利用しよう

「コンビニでの買い物にクレジットカードを使うのは、何だか大げさすぎる」
「そんなにお金がないのかと思われそうで恥ずかしい」

コンビニでクレジットカードを使わない理由は、そんなところではないでしょうか。

しかし、ちりも積もれば山となるであり、毎日コンビニに寄っていれば、例え500円しか買い物していなくても、ひと月で15,000円です。年間で計算すれば、どれだけのポイントをもらい損ねているのかわかりません。

最近コンビニ業界では、日用品の値下げが続いています。ランチやお菓子を買うだけではなく、利用範囲も拡大していきそうです。気がつけば結構な金額になっているということもあるでしょう。

少額だからと「現金グセ」がついていると、思わぬ損をしているのかもしれません。

小さなことからコツコツと、が得する秘訣

クレジットカードには、カード会社の所属している資本グループによって、さまざまなコンビニ利用特典が付いているものも少なくありません。ポイントが倍増したり、購入金額から割引されたり、知らずにいると悔しい思いをするサービスがたくさんあります。

ファッション用品や家電と違い、コンビニで万単位の買い物をする人はまずいないでしょう。しかし毎日身近にあり、利用頻度が高いコンビニでの買い物を甘く見ると、お得生活は実現できません。

少額出費だからこそ、よりお得になる利用方法を身に付けるべきです。

小さなチャンスをたくさん拾っていけば、やがて大きな固まりとなります。コンビニでのクレジットカード利用作戦は、決して損にはならないはずです。

コンビニでお得なクレジットカード

オールマイティーなカードは?

楽天カードは、今や持っていない人を探すのが難しいほど人気の高いクレジットカードです。年会費無料で誰もが気軽に取得でき、楽天グループでの高いポイント還元率が魅力となっています。

街中でも1.0%と高還元率でポイントが付与されるので、あちこちのコンビニを利用する人には最適です。カードに付帯する電子マネーのEdyもコンビニで利用できるので、貯まったポイントを交換しておくという便利な使い方もできるでしょう。

ファミリーマートに強いカードは?

ファミリーマートでお得に使えるのが、ファミマTカードです。通常のポイント付与は、200円ごとに1ポイントと平凡ですが、毎週火曜・土曜は「カードの日」で3倍のショッピングポイント+2倍のクレジットポイント、併せて5倍となります。

毎週水曜日はレディスデーで女性会員のショッピングポイントが2倍、25歳以下ではクレジットポイントが毎日ずっと2倍です。

汎用性の高いTポイントがさくさく貯まるので、ファミマ好きなら必ず手にしておきたいカードといえるでしょう。先ごろサークルKサンクスを吸収合併したので、徐々にファミマTカードの利用できる店舗拡大が期待されます。

ローソンに強いカードは?

ローソン派におすすめなのが、dカードとJMBローソンPontaカードVisaの2枚です。

dカードのポイント還元率は最大で5.0%、またdカード決済で買い物代金から3%オフになります。docomoユーザーでなおかつローソンの利用が多い人には、絶対に外せないクレジットカードです。

ローソン好きのJALマイラーならば、JMBローソンPontaカードVisaがイチオシです。買い物ごとにPontaポイントとJALマイルがダブルで付与されます。Pontaポイント還元率は2.0%、JALマイルは0.5%され、ポイントをマイルに交換することも可能です。

セブンイレブンに強いカードは?

セブンイレブンの利用で1.5%の高還元率となるのが、セブンカードプラスです。

こちらは、電子マネーnanacoが搭載されているので、わざわざ有料のnanacoカードを作る必要がありません。nanacoへのチャージでもポイントが付与されるので、一層お得です。

西武系列でおなじみの、クラブ・オンカード・ミレニアムカード セゾンもセブンイレブンでの利用がとてもお得になります。注目は、クラブオン/ミレニアムポイントと永久不滅ポイントがダブルで付与されることです。

クラブオン/ミレニアムポイントは100円につき1ポイント、永久不滅ポイントは1,000円につき1ポイントがもらえます。「セブン&アイグループ」共通のサービスなので、スーパーもコンビニも両方でお得感が味わえるでしょう。

日常生活をお得に過ごすことが節約につながる

1日1,000円使ったら3,000円のお得に

楽天カードはポイント還元率1.0%です。毎日コンビニで1,000円使い、支払いを楽天カードですると1年間でなんと3,650円分のポイントになります。

コンビニとクレジットカードの組み合わせによっては、ポイント還元率が2.0~5.0%になる場合も珍しくありません。いつも使うコンビニが決まっているのであれば、そのコンビニに特化したクレジットカードを作ってもいいくらいです。

1回の買い物では1,000円使わないという人でも、朝晩2回寄って合計金額が1,000円超えるのは誰にでも覚えがありそうですよね。

ちょっと立ち寄って、コーヒーとスイーツと雑誌を買えばすぐに1,000円近くになります。あまりに身近になり過ぎて、コンビニでいくら使っているのか意識しづらくなっている人もいるでしょう。

クレジットカードならば、明細ですべて管理できます。そこでしっかりと、ポイント還元しない手はありません。

利用できないカードブランドに注意

小銭を出す手間もなく、スマートにコンビニ利用ができるクレジットカード決済ですが、中には利用不可のカードブランドがあるので注意が必要です。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップといった名の知れたコンビニチェーン店では、VISA、Master、JCBいずれも問題なく利用ができます。しかし、AMEXやダイナースといったブランドは、利用できないコンビニがいくつかあり、銀聯に対応しているのはファミリーマートだけです。

スリーエフとam/pmについては、クレジットカード利用が一切できません。

今後、東京オリンピックに向けてコンビニ側の対応が改善される可能性もありますが、基本的にはVISA、Master、JCBブランド搭載のクレジットカードを利用するのが無難です。

おわりに

コンビニでクレジットカードを出すのに、抵抗感をもつ時代はもう終わりです。利便性、お得度いずれを取ってもクレジットカード決済には、現金払い以上の値打ちがあります。

小さな買い物でも地道にポイントを貯めていくうちに、現金払いに戻れない快感を得ることは間違いありません。


[最終更新日]2017/06/14

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事