2017-05-31

意外と知らない?キャッシングとカードローンの違いについて

[最終更新日]2017/05/31


お金が必要になった際に借り入れするのには、キャッシングやカードローンといった手段があります。どちらも利息付きでお金を借りますが、この2つの呼び方には何か違いがあるのでしょうか。

どうせ借りるのならばより有利に借りたいものですが、違いや特徴が良く知られていません。いざお金が必要になったとき、キャッシングとカードローンのどちらを選べば良いのか、比較をするための詳細を確認していきます。

同じなようでちがう、キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローンの元々の定義

キャッシングとカードローンの元々の意味は、キャッシングが「短期の小口融資」でカードローンが「個人向けの無担保融資」とされています。キャッシングは消費者金融の商品でもありますが、クレジットカードのキャッシング機能を利用したものを含むものです。

基本的にはキャッシングは1回ごとに区切られ、一括返済を行います。カードローンは利用限度枠内で何度でも借り入れができ、毎月一定額を返済していくシステムです。

キャッシングが30~50万円程度までの限度枠なのに対して、カードローンは数百万円まで融資してもらえる商品があります。

商品バラエティが豊かになり定義があいまいに

しかし最近では、各業者の商品のバラエティが豊かになり、明確な定義がしづらくなってきています。

キャッシングでも分割払いに対応した商品が提供されているので、カードローンとの区別がつきにくいです。予め利用金額を設定し、一括で借り入れするカードローンもあります。

こうした商品を以前の定義に合わせると、説明がわかりづらくなってしまいます。「個人がお金を借りる=キャッシング」と考えている人も多く、最近ではあまり違いを気にせずにことばが使われているようです。

キャッシングの特徴

キャッシングの基本

キャッシングというと一般的には、クレジットカードのキャッシング機能を指す場合が多いようです。クレジットカードには利用限度額が設定されていますが、これはショッピング枠とされており、キャッシング枠はそれより小さい額が一般的となっています。

例えば50万円使えるクレジットカードでも、キャッシングして現金が借りられるのは20万円までといった具合です。しかも利用限度額はショッピング利用との合算となるため、すでに45万円分ショッピングしていれば、キャッシングは5万円までしかできなくなります。

クレジットカードのキャッシングの金利は、15~18%が相場です。10万、20万程度の借り入れでは、上限金利が適用されるため18%と考えておくといいでしょう。

キャッシング利用はどんな人向き?

キャッシングは緊急で即日現金が必要となったとき、効力を発揮します。現在持っているクレジットカードでそのまま引き出せるので、再度申し込んだり、審査を受けたりする必要がありません。

一方で消費者金融と同等の高い金利が付きます。また借り入れできる金額が比較的少額なため、高額融資で長期返済を希望する人には向きません。

・今すぐお金が必要な人
・一括返済できる程度の少額であること
・一時的な借り入れであること
こうした事情の場合には、キャッシングが適しています。

カードローンの特徴

カードローンの基本

カードローンには大きく分けて、消費者金融系と銀行系があります。消費者金融カードローンは借りられる金額が300万円程度までで、上限金利平均は約18%です。銀行カードローンの場合は上限金利平均が14.5%と低めの上、利用限度額が500~1,000万円と大型融資にも対応します。

消費者金融の審査がゆるめなのに対し、銀行カードローンの審査条件はかなり厳しめです。消費者金融は年収の1/3以上の借り入れを制限している総量規制の対象ですが、銀行カードローンは対象外となります。

しかし、近年銀行カードローンの借り入れによる自己破産が相次いだため、銀行カードローンでも自主規制するところが増加している傾向です。

カードローンの利用はどんな人向き?

カードローンの利用がおすすめなのは、次のような状況のときです。

・高額の借り入れをしたい
・分割で返済を希望
・複数回の借り入れを予定している
・なるべく金利を抑えたい

カードローンの場合には、キャッシングよりも高額融資が期待できます。利用限度枠内であれば、何度でも借り入れが可能です。

月々の返済は一定額なので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。キャッシングと比較して、カードローン商品の種類が豊富です。地方銀行や信用金庫の商品を探すと、上限金利でも10%以下の商品がみつかるでしょう。

消費者金融やメガバングでは自動契約機で手続きできるので、初めての利用でも夜間まで即日融資に対応しています。

おわりに

手軽に借りられるキャッシングと、低金利が期待できるカードローン。どちらも借金することには変わりありませんが、賢く使いこなせば生活に余裕が生まれます。

金利と返済を良く考え、なるべく有利な借り入れを考えることが大切です。

商品ごとにも特徴があります。キャッシング、カードローンとも借り入れを検討する際には、詳細を良く確認してから実行に移しましょう。


[最終更新日]2017/05/31

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

検索

カテゴリー

プロフィール

クレジットカードとマネーのウェブマガジンMONEY GUIDE(マネーガイド)

人気の記事

最新記事